熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【祝】 生誕5周年

新しい週に、こんにちわ。

投手が無失点とか1失点とかに抑える力投を見せているのに、野手が点を獲れずに負け投手にしてしまうのって、残酷ですよね。 巨人と楽天の話です。 局長です。



――― さて、昨日の9月3日は、我が家にとってはメモリアルな日であった。


20170904_真熊の子供誕生日3

賢明な読者のアナタなら、もうお分かりだろうか、昨日がどんなメモリアルな日だったのかを。
そう、真熊の子供である “志熊”、“ノアン”、“大和” たち三兄弟の5回目の誕生日である。

では、キリのいい5周年ということで、その歳月を振り返ってみよう。




20111231_アイコン 2012年 0歳


20120906_赤ちゃん5
[同年9月5日(水)撮影]

2012年の9月3日(月)、緊急で帝王切開に切り替えるなどの大変な出産の末に、この世に生を受けた三匹。

ちなみに、左端が志熊。
人間の赤ちゃんが生まれたてのときは猿100%なのと同様に、犬の赤子も不細工である。



20121004_父子家庭7
[同年9月29日日(土)撮影]

その月末に、ようやく赤子たちとの初対面を果たした俺と真熊。

このときは、真熊と子供たちがこれから築いてゆく「親子の絆」というものへの期待が大きかったのだが、まさかこんな淡泊な関係に成り下がるなんて・・・・



20121127_志熊2
[同年11月24日(土)撮影]

三ヶ弱にわたる母元での兄弟たちとの日々を経て、この前日に長男である志熊を引き取り、この日 “親父” の元へ予告なしで連れて行った。

今となっては、あのとき頑なに志熊を拒んだ親父の姿が信じられない。



20111231_アイコン 2013年 1歳


20170904_真熊の子供誕生日1
[同年8月2日(金)撮影]

生後一年にもなると、志熊はその風貌が真熊とうり二つになりつつあった。
この写真が送られてきたときには、普通に真熊の写真だと思ったほどだった。

三兄弟のうち、もっとも真熊に似ていた長男を選んだ自分の目に狂いはなかったと、このときは思っていた。



20170904_真熊の子供誕生日2
[同年8月17日(土)撮影]

ポメラニアンなど飼ったこともなかった親父が、暑い夏にこの被毛はヤバイんじゃないかと心配して、地元のトリミングに出してしまったために、お盆の「迎え火送り火」でナスに棒を刺して動物みたいにするアレみたいなシルエットになってしまった志熊。



20111231_アイコン 2014年 2歳


20140528_真熊親子9
[同年5月17日(土)撮影]

まだ2歳の誕生日を迎えていなかった5月に、当ブログ最初で最後のオフ会 『熊猫犬オフ会』 を開催し、三男の “大和” と一年半ぶりの再会を果たした真熊と志熊。

大和は、とても同じ血縁とは思えないくらい、米俵のような巨体になっていた。



20140824_さよなら親父宅3
[同年8月14日(木)撮影]

一方の志熊は、親父とのマンツーマンの生活により完全な甘えん坊として育ってしまっていた。

初めて志熊を連れて行ったあの日、頑なに引き取ることを拒んでいた親父の姿が、まったく信じられなくなっていた。



20111231_アイコン 2015年 3歳


20150529_真熊の次男11
[同年5月16日(土)撮影]

3歳の誕生日を迎える二ヶ月ほど前、『大阪で会いましょう』 という初の関西企画を開催したところで、次男であるノアンとの再会が叶った俺と真熊。

もっとも真熊に似ているということで志熊を引き取った俺だが、二年が経ってみると実はノアンがもっとも真熊に似ていることが判明した日でもあった。



20150929_甘ったれ志熊8
[同年9月22日(火)撮影]

この辺りから、志熊は “おちょぼ口” が目立つようになっていた。

それまでの真熊とうり二つに見えていた風貌に、少しずつ変化が見られ始め、独自の進化を開始したように見えた。



20151201_志熊と真熊2
[同年11月22日(日)撮影]

自分を避けつづける真熊に、それでも必死に仲良くなろうとアピールを繰り返していた志熊だったが、この頃から「もう無駄だ」と判断したらしく、ある程度の距離を置くようになっていた。

悲しい親子関係は、この辺りから始まったのであった。



20111231_アイコン 2016年 4歳


20160825_仲良し偽装7
[同年8月15日(月)撮影]

志熊の口周りが一気に白くなじ始めていた。

真熊も鼻の下のみ “逆ヒトラー” のようになりつつあったが、それよりも高速で白さが増していった志熊だが、弟のノアンにも同じ症状が見られ始めていたらしい。



20160902_喜びジャンプ1

同時に、マズルの短さも目立つようになっていた。



20111231_アイコン 2017年 5歳


20170706_ノアン1
[同年5月20日(土)撮影]

二年ぶり、且つ二度目の 『大阪で会いましょう』 企画で、ノアンと再会。

二年前は真熊にえらく似ていると思ったものだが、このときはマズルと舌の長さも手伝って、母親である “モカ” そっくりになっていた。



20170821_千葉の両親宅9
[同年8月14日(月)撮影]

一方の志熊は、尚のことマズルの短さが目立つようになっていた。

相変わらずドッグフードを毎日一粒ずつ親父から食べさせてもらったり、小一時間にわたる長距離散歩に連れて行ってもらったりと、至れり尽くせりの生活を送っている志熊。



20170831_真熊と志熊3

こうして、三匹ともそれぞれの家庭で幸せに暮らしている真熊の子供たち。

10歳を迎えた真熊のちょうど半分の人生(犬生)を歩んできたところだが、この歳月の倍以上の年月を、これからも健康に過ごしてほしいものだ。

三匹とも、おめでとう!






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

無事に5歳を迎えた三兄弟に「おめでとう」のクリックを。



人気ブログランキング

これからも三匹みんな幸せに長生きしろよ。



【今日の一言】

マイコラスはここ2試合、最高のピッチングをしているのに勝ち星つかず。 打て! 野手よ。
 

| 真熊の子供 | 03:33 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |