FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

食前・食後のテンション差

やっぱりパッとしない空模様に、こんにちわ。

夏の甲子園では、小林(巨人)の後輩に当たる広陵高校の中村選手が「打てるキャッチャー」として大活躍していますね。 先輩がまったく打てていないのに。 局長です。



――― さて、本日もお盆休みに決行した “千葉の両親宅” 遠征レポートの続編を。


20170822_エネルギー補給1

前夜は遅くまで晩酌していたというのに、きっちり8時には起きて真熊と “志熊” をトイレのために、親父版「自宅ドッグラン」へと連れ出していた俺。

親父” も “小坊主” も、意識でも失っているんじゃないかというくらいに熟睡している。



20170822_エネルギー補給2

せっかく眠い目をこすりながら相手をしてやっているというのに、二匹とも逆に迷惑しているくらいの浮かない顔を見せるので、「あぁそうかよ!」とばかりに家の中へ戻ることに。

「早起きは三文の徳」と言うが、時給にして1,000円分くらい損をした感じだ。



20170822_エネルギー補給3

真熊と寿喜に朝ごはんを食べさせて、次に我々人間のための朝食を準備していると、ようやく親父が起きてきた。

ちなみに志熊は、俺がごはんを皿であげたところで絶対に食べたいので、最初から親父に託して与えなかった。

未だに一粒ずつ食べさせてもらわないと、自分からは一切口にしないのだ。



20170822_エネルギー補給4

お腹が満たされた真熊は、すぐフローリングで横になる。

「食べてすぐ横になると牛になるぞ!」と昔の人なら言ったろうが、そのシルエットは牛ではなく「アザラシ」か「オオサンショウオ」といったところだ。



20170822_エネルギー補給5

その間、俺は使ったシーツを洗濯したり、朝ごはんを食べたり、物思いにふけったりと忙しくしていたが、真熊はいつもとは違った環境が嬉しいのか、眠らずに笑っていた。



20170822_エネルギー補給6

体を動かすエネルギーを補給したところで、犬たちをもう一度ドッグランへと放ってみると、やはり先ほどはまだエンジンが掛かっていなかっただけなのか、今回は真熊も楽しそうに笑っている。



20170822_エネルギー補給7

一方の志熊は、相変わらず親父がいないことには笑顔すら見せない、「人をもてなす」という意味を微塵も理解できていない未熟ぶりを露呈していた。

3時間も掛けて、こんな片田舎まで会いに来てやったというのに。



20170822_エネルギー補給8

その後も上機嫌にドッグランを走り回る真熊と、不貞腐れて大した動きを見せない寿喜。

しかし、こうして見ると真熊はずいぶん被毛が茶色くなってきたもんだ。
まるで、「オキシドール」で脱色したみたいだ。

※意味の分からない若僧は、アラフィフの先輩に聞いてみよう!



20170822_エネルギー補給9

ひいき目に見ても、真熊の笑顔が可愛くない、悲しい現実。

“けっこう物事を客観的に見る局長” の異名をもつ俺からすると、普通に「不細工」としか判断できない笑顔を振りまく真熊であった。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

客人対して笑顔を見せない志熊に叱責のクリックを。



人気ブログランキング

親父がいないと真熊以上に仏頂面です。



【今日の一言】

巨人がドラフトで引き当てたら、同じ学閥での下剋上なんてことが起こるんですね・・・・
 

| 真熊の子供 | 03:11 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |