熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

他愛ない夏の夜

どんよりとした朝に、こんにちわ。

昨シーズンは澤村という不安定なストッパーに泣かされましたが、今シーズンはカミネロというさらに不安定な存在に踊らされています。 巨人の話です。 局長です。



――― さて、大阪遠征レポートも無事に終わったところで、本日も他愛ないお話を。


20170810_日常1

季節はまぎれもなく真夏で、昨日に至っては気温37℃という人間の「微熱」のような暑さを記録している日本列島。

そんな中でも毛皮を着込んでいる動物たちには、「気の毒」としか言いようがない。



20170810_日常2

人間は「食欲がわかない」などと「夏バテ」をしている人も多いが、動物たちはどんな暑さであろうと常に食欲旺盛であることにも驚きだ。

しかも、ちゃんと毎食摂っているのに、何ゆえいつも空腹みたいな顔を見せるのだろうか。



20170810_日常3

真熊は最近どこへもお出掛けできていない。
物足りない毎日になっているのではなかろうか。

この暑さゆえに、ドッグランや “大きな公園” などにはどうしても連れて行きづらいのだ。



20170810_日常4

家の中では元気丸出しの真熊とはいえ、いかんせん10歳のシニア犬である。

もしものことがあってからでは遅いので、備えあれば憂いなしという心構えで、この時期はお出掛けを自粛せざるを得ないのだ。

理解してくれ、真熊よ。



20170810_日常5

一方、真熊と同い年のコイツも、やはり若い猫の如く元気。
天然猫の寿喜だ。

フローリング、箱の中、ソファなど、あらゆる場所で眠ることができる警戒心のなさ。



20170810_日常6

この日は、俺が座っていた食卓の隣のイスで寝に入り始めた。

直前までニャアニャアと「ごはん」なのか「おやつ」なのか、とにかくやかましい催促をしていたというのに、俺の反応が鈍いと分かると寝に入るなんて。



20170810_日常7

不貞寝なのだろうか。

そんなことより、よくもまぁ寝返りすらリスクになるような、こんな不安定な場所で眠ろうとするもんだ。



20170810_日常8

さすがに、お盆休みはどこかへ連れ出してあげねば。
そして、「もうお構いなく」って思うくらいに遊んであげなければ。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

とくに何もない夏の夜の真熊に愛のクリックを。



人気ブログランキング

どこでも寝てしまう緊張感のない猫にもお願い。



【今日の一言】

絶対的な抑え投手がいないチームは終盤が不安なんですよね。 ソフトバンクはいいなぁ。
 


20170615_ダニエル・ウェリントン4
また 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 15%割引クーポンあるよ!
 

| 日常 | 07:33 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |