FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

カートジャック

花金の朝に、こんにちわ。

自民党の「2回生」は本当に問題だらけですね。 ただでさえ旗色が悪い時期だというのに、このタイミングで豊田真由子の暴力事件はダメ過ぎますね。 わりと社会派の局長です。



――― さて、本日も引きつづき「大阪で会いましょう・再び」企画のレポート続編を。


20170623_カートジャック1

第一陣」として、この日のスタート直後にやって来てくれた真っ白い “琴音” と、真っ黒い “元気” のコントラストが強すぎる白黒ペア

この色の組み合わせって写真を撮りづらいな・・・・って、黒いほうは “元気” じゃない?



20170623_カートジャック2

よく見ると、我が家の真熊じゃないか。

いつの間に入れ替わっていたんだ。
琴音も明らかに困惑している。



20170623_カートジャック3

でも、あまり細かいことは気にしない大らかな性格のようだ。
何より、タンデム(二人乗り)慣れしている。

真熊は、カートを眺めにくる人たちに愛想を振りまいている模様。



20170623_カートジャック4

すると、いつの間にか同一カートでメンバーチェンジが行われていた。

なぜか「よそ者」の真熊が残り、カートオーナーの琴音がアウトで、それまで外されていた元気がイン。



20170623_カートジャック5

元気も琴音同様に大らかな性格らしい。
人間で例えると「O型」タイプなのだろうか、二匹とも。

日常生活に置き換えるなら、毎日乗っている自宅の車に、いきなり知らないオッサンが乗ってくるようなイレギュラーな状況だというのに。



20170623_カートジャック6

撮り方によっては、まるで旧知の仲、あるいは無二の親友のような暖かみのある写真に。
間違っても、この小一時間前に初対面を果たした二匹とは思えない仕上がりだ。



20170623_カートジャック7

すると今度は、またもよそのカートの上に真熊を発見。

「キングギドラ」こと、“ハコ乗りポメラニアン一家” の荷物運搬用チックなカートに、キングギドラの新たな「首」の如く違和感ゼロでシレッと加わっている真熊。



20170623_カートジャック8

昭和の時代、マイカーのない家庭の子が、よその車に乗るのが楽しみで仕方なかった――

そんなノスタルジックな雰囲気をまとっている真熊の “よそのカートジャック” の旅。
しかも、どこのファミリーも、いきなり乗り込んできた真熊に対して不思議なくらい優しい。



そして、時刻は11:15くらい。


20170623_カートジャック9

時同じくして、鶴見緑地には「第三陣」となる読者さんたちが集まり始めていた。

まずは、沢尻エリカをブレイクさせた名作ドラマ 『1リットルの涙』 でお馴染み、レミオロメンの 『粉雪』 と同じ字で “こゆき”。

心まで白く染められたなら アアァァ~~。



20170623_カートジャック10

次に、完全に寝落ちし掛けている真熊の横で、またもや「てん」や「おこじょ」のような白さを輝かせる “ウラン”。

ということは “アトム” もいるのかと思いきや、それらしき犬は確認できなかった。
他にも「第三陣」が続々と集まってきたが、つづきはまた次回に・・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

次々によそのカートをジャックする真熊にクリックを。



人気ブログランキング

我が家もそろそろカート買うべきか迷ってます。



【今日の一言】

不思議なのは、政治家って何か問題を起こすとすぐに「入院」しちゃうことですよね。
 


20170615_ダニエル・ウェリントン4
また 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。 15%割引クーポンあるよ!
 

| 会いましょう企画 | 07:34 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |