熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

さよなら志熊 ~2017春

新しい週に、こんにちわ。

俺の中で今シーズンのプロ野球は終わってしまいました。 残りの数か月間は斎藤佑樹を応援するだけです。 打たせて取るピッチングで今年こそ活躍してほしいです。 局長です。



――― さて、長らくつづいたこのレポートも、ようやく本日で最終章。


20170605_さよなら志熊1

そう、GWの5月3日から一泊二日で “千葉の両親宅” へ遊びに行ったレポート。

行きはとんでもない渋滞に苦しみ、一日中車の中で過ごしたような印象だが、到着してからはしこたまお酒を飲んで、翌日はお昼過ぎまでたっぷり眠った上で、こうして真熊と “志熊” の二匹と思い切り遊んでいたのだった。



20170605_さよなら志熊2

志熊も途中で眠気に襲われかけたりもしたが、お隣に帰省していた “キッズ” も登場したことで、再び楽しそうな笑顔を取り戻していた。



20170605_さよなら志熊3

一方の真熊は、途中から合流したキッズのお父さんにお腹をなでてもらって大喜びだ。

小さな子供は得意ではないが、大人は大好きな真熊。
玉砂利の上で仰向けになって大はしゃぎである。



20170605_さよなら志熊4

志熊と俺と三人でのんびりしていたときは、心の底からつまらなさそうな顔をしていたのに、こうしてよその人が遊んでくれるとなると、途端に喜びを爆発させるなんて、とても失礼なヤツだと思う。

今さらだが。



20170605_さよなら志熊5

なんのかんの2時間半ほど外で過ごし、17時を過ぎてようやく家の中へ。

志熊は小一時間の散歩から帰って、そのまま長時間の遊びへと突入したこともあり、完全に電池が切れてしまった模様。



20170605_さよなら志熊6

真熊はまだ電池残量がある様子だ。
そりゃそうだ、別に何一つ体力など使っていないのだから。

親父” の後をついて回って、なおも構ってもらおうと目論んでいた。



20170605_さよなら志熊7

志熊は、その毛量も手伝って、小さな山のようなシルエットになってしまった。

山に顔が付いたようなこの感じ・・・・
映画の本場、ハリウッドにあるモニュメントみたいだ。



20170605_さよなら志熊8

この日に帰ることをちゃんと理解しているらしい真熊。
思えば、ここに二泊したことなど1、2回しかないためか、ちゃんとリズムが分かっているようだ。



そして、21時を回り、俺が帰り支度をしていると ―――


20170605_さよなら志熊9

志熊も俺たちが帰ろうとしていることに気付いたらしい。

無邪気でいつも笑っている志熊。
本当はもう少し一緒に遊んでいたいのだが、仕方ない、我が家では猫たちが俺と真熊の帰りを待っているのだから。

(真熊の帰りは待っていないと思うが・・・・)



20170605_さよなら志熊10

こうして、ほんの一泊だったが親父宅でのほのぼのとした時間は終わった。

真熊以上に毛量がえらいことになり、マズルも短くて、それでいて人見知りもしない志熊よ、これからもこの田舎でのんびりと過ごすがいい。

元気でな、志熊よ。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

相変わらず仲の良くない真熊と志熊に愛のクリックを。



人気ブログランキング

次に会うのはお盆かな。 それまで元気でな。



【今日の一言】

バドミントンの桃田も復帰したし、野球以外のスポーツを楽しむことにしよう、今シーズンは。
 

| 真熊の子供 | 02:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |