熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

アンゴルモアの大王

5月最終日に、こんにちわ。

昨日は早朝からお昼前まで画像が表示されないというアクシデントに見舞われた当ブログ。
最近は不運つづきで、まいっちゃいますよ。 局長です。



――― さて、今日は何も起こらないでほしいと思いながら、このレポートの続編を。


20170531_アンゴルモア1

そろそろ佳境に差し掛かりつつある、GWに “千葉の両親宅” へ遊びに行った日のレポート。

前日にGW後半戦スタートのどえらい渋滞で疲弊していたことと、夜にそこそこ飲んだことで、二日目はお昼過ぎまで熟睡していた俺。



20170531_アンゴルモア2

これではまるで寝に来たようなので、14時頃から真熊と共にノコノコと庭先へ出たところで、長距離散歩から帰ってきた “志熊” とも合流。

そのままのんびりと30分ほど過ごしたところで、この空気が一変する事態が起きた。



“アンゴルモアの大王” がやって来たのだ ―――


20170531_アンゴルモア3

【用語説明】 アンゴルモアの大王

ノストラダムスの 『予言集』 の一説に登場する、天からやって来た「恐怖の大王」が蘇らせようとする存在で、20世紀後半までは破局的事態をもたらすと恐れられていた。
当ブログにおいては、親父宅のお隣さん宅に帰省してきた娘さんファミリーのキッズ(下の娘)のことを指す。



20170531_アンゴルモア4

そう、毎回真熊と志熊の親子がきりきり舞いにされる、無邪気さが動物たちの最大の脅威となるキッズ(女の子)のことである。



20170531_アンゴルモア5

初めて会ったときは、おっかなビックリ真熊を触る程度であったが、次第に「抱っこ」などのスキルを身に付け、ここ数年では手に負えないほどのレベルアップを見せつつあるのだ。

すでに「追い込み漁」の如くコーナーに追い詰められて、いざ捕獲されようとしている真熊。



20170531_アンゴルモア11

そこへ、さっきまで眠そうにしていた志熊が、やたらと貫禄をまとった雰囲気をにじませながら近づいてきた。



20170531_アンゴルモア6

おもむろにキッズの腕を取って真熊から引き離した。
しょっちゅう会っているだけあって、このキッズへの対処方法を習得したのだろうか。



いや、単にキッズの腕に “マウント” したかっただけらしい。


20170531_アンゴルモア7

犬にとっては「自分のほうが上の立場だ」と誇示するための行為だが、こうして目の前で女児に対してやられると、なんとも気まずい空気になる・・・・



その隙にキッズから逃れようと走り去る真熊。


20170531_アンゴルモア8

このときばかりは志熊が頼もしく見えたことだろう。

それはそうと志熊のやつ。
このキッズに対してはいつの間にか自分のほうが上の立場だと考えるようになっていたらしい。



20170531_アンゴルモア9

しかし、キッズのほうも一方的にやられているワケではなかった。

志熊のマウント攻撃を受けながらも、おもむろに何か動くものを地面に放った。
深緑の色をした何かを。



20170531_アンゴルモア10

亀である。

「ペットを飼い始めた」と言っていたが、まさか亀だとは。
キッズの恐怖を忘れて、亀に夢中になってしまう真熊・・・・






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

志熊のおかげで逃げ延びた真熊に労いのクリックを。



人気ブログランキング

「親父ドッグラン」に降臨したまさかの生き物・・・・



【今日の一言】

今日は新しいパソコンが届くし、日本ハムは斎藤佑樹が先発だし、忙しい夜になりそうだ。
 

| 真熊の子供 | 07:23 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ