熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

動物たちと春の夜 【動画あり】

土曜日の昼下がりに、こんにちわ。

朝鮮半島の情勢がいろいろときな臭いことになっていますね。 日本海を挟んで目と鼻の先なので、危険な事件は発生してほしくないものです。 局長です。



――― さて、本日の二本目は、週末恒例の「我が家の動物たちの様子」を。


20170415_動物たち1

季節は春になったものの、未だ夜は冷え込む今日。
猫たちは相変わらず俺の上を “定位置” として、暖を取りながら熟睡している。



20170415_動物たち2

悩みなんて何一つなさそうな、平和ボケも甚だしい表情。

昼間もずっと寝ているくせに、よくこれだけ眠れるものだ。
“春眠暁を覚えず” という言葉を体言してくれている。



20170415_動物たち3

にいなは、昨日の「マンガ風記事」で綴ったように、背もたれを定位置としつつも、寒くなればこうして俺で暖を取る臨機応変ぶりを見せる。

最近はストレスもなくなったようで、体重も全盛期と同じ6kg超えに戻った。




とはいえ、ストレスが完全に消え去ったわけではない。

たまに、こうして何一つ脈絡のない攻撃をいきなり受けることがあるのだ。
それでも、下手に反撃して攻撃を激化させないためか、ジッと耐えつづける。



20170415_動物たち4

寿喜との小競り合いはモロにストレスとなるのに、真熊からの攻撃に対してはある程度は許容できるらしい。

もはや寿喜のことは生理的に受け付けないのだろう。
そう考えると、真熊は何かとお得な性格だ。



20170415_動物たち7

嫁をもらったことで、“スプレー問題” もほぼなくなり、体重も増え、充実した日々を送れるようになったらしい元ストレス猫。

良かった良かった。



20170415_動物たち5

対して、元々ストレスとは無縁の毎日を送っている真熊。

10歳になった今も、猫たちへのちょっかいは健在。
ひょっとしたら、これが元気の源になっているのかもしれない。



20170415_動物たち6

ちなみに、さすがに10年の仲だけあって、こうして攻撃を受けつつも一緒に寝たりする、信頼関係は強固である二匹。

にいなも今月末で12歳だから、ジジイのコンビだ。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

寒かろうが暖かろうが寝てばかりの動物たち。



人気ブログランキング

反撃せずにジッと耐えるにいなに労いのクリックを。



【今日の一言】

今日は北朝鮮の式典がありそうですが、下手に核実験とか挑発行為をしないでほしいですよね。
 

| 日常 | 14:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ