熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

一口おにぎり

週の真ん中に、こんにちわ。

遅くなりましたが、真熊の誕生日へたくさんのお祝いコメントをいただき誠にありがとうございました。 犬のくせにこんなに祝福してもらえて幸せなヤツです、真熊は。 局長です。



――― さて、昨日のつづきで、4月2日の日曜日のお話。


20170405_一口おにぎり1

真熊の誕生日だったこの日、「まぐちゃんに会いたいです♥」という山梨の読者さんからのリクエストの応える形で、お花見も兼ねて東京は世田谷区にある「砧公園」までやって来たのだった。



20170405_一口おにぎり2

しかし、桜の木があるメインのフィールドは犬を連れて入ることが禁止されており、その手前側、駐輪場の脇にある芝生というか雑草が生い茂ったエリアに追いやられることになった我々一行。

肝心な桜も咲いてないし、踏んだり蹴ったりな出だしとなっていた。



20170405_一口おにぎり3

周りには、我々同様に桜のエリアから締め出された犬連れたちが、レジャーシートの上で愛犬と共に不貞寝していた。

とはいえ我々も、こんなとろこまで来たのに気落ちしていてももったいないので、持参したビールで酒盛りとしゃれ込むことに。



20170405_一口おにぎり4

お弁当(兼)アテとして買ってきたおにぎりを山下清ばりに食べながらビールを飲んでいると、真熊がどえらい笑顔を炸裂されながら俺に迫ってきた。

おねだりである。



20170405_一口おにぎり5

真熊はちゃんと朝食を済ませてきているので、ここでのごはんは想定していなかった。

とはいえ、さすがに俺たちだけが美味しそうに飲み食いして、真熊だけ「おあずけ」となっては申し訳ないので、やむを得ず少しだけ分けてあげることに。



20170405_一口おにぎり6

おにぎりのごはんを少しだけ取って、千切った海苔で巻く。
一口サイズの “ミニおにぎり” の出来上がりだ。



20170405_一口おにぎり7

普段は “処方フード” が主食だけに、白いごはんを食べることがない真熊だが、何か警戒することもなく、迷わず食らい付いてきた。

よくよく考えると、一昔前の飼い犬は、白いごはんにお味噌汁をかけたようなものを主食にしてんだな。



20170405_一口おにぎり8

その後も、むしろ俺がおにぎりを食べる時間もなくなるほど、ショートスパンでおねだりを繰り返してくる真熊。

一口で飲み込んでは、すぐに次を要求するのだ。
山下清のDNAでも混入しているのだろうか。



20170405_一口おにぎり9

ひょっとしたら、お肉よりもおにぎりが好きなんじゃないかと思うほどのガッつきぶり。
炭水化物が大好きとは、なんて安上がりな味覚なんだ。

“銀シャリ > お肉” という図式になる。



20170405_一口おにぎり10

下手すると、俺のおにぎりをすべて食い尽くされんばかりの勢いだったので、申し訳ないがここで打ち止め。

今後は “銀シャリ好きのポメラニアン” として売り出していったほうがいいのだろうか。



20170405_一口おにぎり11

俺からの「シェア」がなくなった途端に、あれだけ輝いていた笑顔がすべて消えた真熊。

食べ物がもらえないなら笑わない。
これまでも、“ギブ&テイク” の精神で笑っていただけだったなのだろうか。






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

今さら「おにぎり」の味に目覚めた真熊に愛のクリックを。



人気ブログランキング

「美味しいものは脂肪と糖でできている」んだぞ。



【今日の一言】

今月末には、にいなも誕生日(家族記念日)を迎えますので、その際はまた!
 

| 真熊お出掛け | 02:45 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |