熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

10th Anniversary ~真熊の誕生日祝い~

新年度の初日に、こんにちわ。

インターネットの 『桜前線2017』 を信じて、真熊と共にお花見に繰り出してみたものの、五部咲きにもなっていない「咲き始め」でした。 まんまと騙されました。 局長です。



――― さて、昨日の記事でも綴った件のつづき。


20170403_誕生日祝い1

昨日、4月2日は真熊の記念すべき10回目の誕生日だった。
京都のブリーダーで生を受けてから、早いもので10年。

今では遠く離れた神奈川県で猫3匹と一緒に暮らしているが、幸運にも健康に10歳を迎えた真熊。



20170403_誕生日祝い2

柄にもなく “HAPPY BIRTHDAY” という装飾をしてみた43歳のオッサン。

写真を撮り始めると、何かを察知したのか寿喜までカットインしてきた。
何か面白いことが始まるような気がしたのだろうか。



20170403_誕生日祝い3

いつもは「祝」とか、あれこれ印刷した紙をカーテンに貼り付けて写真を撮るのだが、今回は市販品に手を出してみた。

そして、お祝いに買ってきたケーキを食べさせるべく、胸もモフモフがクリームなどでベタベタにならないようヨダレ掛けを巻いて、いざスタンバイOK。



20170403_誕生日祝い4

これが今年のケーキ、『プチタルトセット』。

昨年は「プリンパフェ」だったが、今回は一度にいろいろな味が楽しめそうな一品にしてみた。
しかし、まさか俺が犬の誕生日にケーキを買うような男になるなんて・・・・



20170403_誕生日祝い5

おもむろに目の前に置かれた美味しそうな何かに、思わずフリーズする真熊。
自分が誕生日という自覚もないだけに、いまいち状況が飲み込めていない様子だ。



20170403_誕生日祝い6

漂ってくる甘い匂いに、体が震え始める。
同時に、目で何かを必死に訴えてくる。



20170403_誕生日祝い8

本人もまったく意識はしていないのだろうが、自然と舌が出る。
文字どおり無意識なのだろう。



20170403_誕生日祝い9

それでも決して我が子を甘やかさない厳格な俺は、毎日のルーティーンである「伏せ」での「待て」を指示。

居ても立ってもいられないのか、心なしか伏せの重心が高い。



20170403_誕生日祝い10

なんとか一定時間の伏せを我慢したところで、いざ「ヨシ!」の合図。

同時に、いや、むしろ食い気味にロケットスタートでガッつき始める真熊。
味わう姿勢は一切なしだ。



20170403_誕生日祝い11

ものの数秒で完食。

「どれが喜ぶかな」などと、けっこう時間を掛けて選んだ俺の行為をあざ笑って踏みにじるかのように、一瞬で胃袋に消えていったケーキ。



20170403_誕生日祝い12

甘かったのか、しょっぱかったのか、それすら理解できていなさそうなこの顔。
3つの味があったはずだが、その違いなんて何一つ感じなったのだろう。

来年は「ふ菓子」あたりを与えておけばいいのかもしれない。



20170403_誕生日祝い13

感謝の気持ちが一切見られない表情。

明らかに「物足りない」という思いを目で訴えてきている。
「美味しかったです」「ありがとうございます」というスタンスが見られない。



20170403_誕生日祝い14

尚も目で訴えつづける真熊。
ひょっとしてコースメニューの如く、まだ次に何か出てくるとでも勘違いしているのだろうか。

何はともあれ、10歳おめでとう!






ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

一瞬でケーキを食い尽くした真熊にお祝いのクリックを。



人気ブログランキング

10歳の一年間も元気で過ごせますように。



【今日の一言】

桜は咲き始めだったけど、お花見客は大勢いた。 日本人は本当に桜が好きなんですね。
 

| 真熊 | 04:31 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |