熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

春の陽気で笑顔と眠気 【往路】

週の真ん中に、こんにちわ。

昨日は家入レオ女史の新アルバムの店着日、いわゆる “フラゲ日” だったので、仕事を早々に切り上げてダッシュでTSUTAYAに駆け込みました。 そして寝落ちしていた局長です。



――― さて、その家入レオとは一切関係ないが、先週末の真熊の姿を。


20170215_近所の散歩1

日本海側と西日本が大雪で大変だった日曜日、神奈川県はこんな晴れっぷりだった。

同じ国とは思えないくらいの天候の差。
とにかく見事な冬晴れだったので、真熊を散歩へと連れ出した。



20170215_近所の散歩2

“散歩(兼)日向ぼっこ” のようなまったり具合で歩く真熊。
目が開いているのか閉じているのかさえ目視では確認できないレベルのサイズに。



20170215_近所の散歩3

いつもなら序盤は全力ダッシュする真熊も、これだけのぽかぽか陽気だと逆に気合いが削がれて、動きもスローリーになってしまうようだ。



20170215_近所の散歩4

とはいえ、これだけの快晴だというのに、相変わらず人とは一切すれ違わないこの街。
過疎化に歯止めが掛からない地方の集落のような静けさだ。

最近のキッズたちは外で遊ばないのだろうか。



20170215_近所の散歩5

それはそうと、このマンツーマンの「近所の散歩」シリーズでは、ご存知のとおり真熊の “仏頂面” が「お約束」なのだが、この日はまさかの笑顔を見せてきた。

春が来たと勘違いして浮かれてしまったのだろうか。



20170215_近所の散歩6

これまたお約束の行き付けの “ショッピングモール” に立ち寄ってみると、写真こそ撮り損ねてしまったが60代前後の夫婦と行き違った。

初めてここで他の消費者を見た瞬間だった。



20170215_近所の散歩7

野菜の在庫も少なかったので、やはり朝早くに繁盛する時間軸が存在するらしい。

しかし、こうして見ると真熊の小さな目って、埴輪(なには)に似ているな。
NHKの 『おーぃ!はに丸』 を思い出させる。



20170215_近所の散歩8

結局、ほうれん草を2束購入。 200円。

他にはニンジンしか残っていなかったのだ。
キャベツを売ってほしいのに、一向にその気配は見られないのが残念だ。



20170215_近所の散歩9

そんなことをしている間に、ついには眠気までもよおしてしまった真熊。

鳥取砂丘すら雪で覆われていたこの日、首都圏では外を歩く犬すら眠くなってしまうような春の陽気だったのである。



20170215_近所の散歩10

いつもなら真熊の無表情な写真とクソつまらない内容で終わる「近所の散歩」シリーズだが、この日は奇跡的に笑顔が多かったので、もう一回だけつづく!





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

あまりの暖かさに笑顔が出てしまった真熊にクリックを!



人気ブログランキング

まさかの眠気と戦いながらの散歩になった真熊。



【今日の一言】

今月で家入レオ女史がデビュー5周年を迎えたので、ベストアルバムが発売されたんですよ。
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| 真熊 | 07:21 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |