熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

サタデーナイトの楽しみ

日曜日の昼下がりに、こんにちわ。

本当に日本海側では大雪なのでしょうか。 それくらい首都圏は気持ちいいくらいの冬晴れです。 とはいえ、昨日ようやくスタッドレスタイヤに履き替えました。 局長です。



――― さて、昨日ではない、いつかの土曜日の我が家の様子を。


20170212_サタデーナイト1

相変わらず石油ストーブの前では、にいなと稚葉の夫婦(めおと)猫が寄り添いながら、置物の如くピクリとも動かずに暖を取っていた。

夏になって暑くなったら、二匹の距離はどうなるのだろう。



20170212_サタデーナイト2

もう一匹の猫、寿喜はというと、相変わらず夫婦猫とは絡まずにソファの上でくつろいでいた。

コイツはそれほどストーブには依存していない。
むしろ、かまくら型ベッドであったり、俺の上であったり、その時々の気分で暖の取り方を変える。



20170212_サタデーナイト3

一方の真熊は、この日も俺が局長を努める「とある組織」の活動について来ていた。

恐らく体内時計がきっちり機能しているのだろう。
土曜日の夕方に、俺が準備を始めると、一緒になってソワソワし始める。



20170212_サタデーナイト4

そして、自分も一緒に行けると、なぜか一切疑いもせずにクルクル回って喜ぶのだ。

この日も組織の活動中は、人数的な事情で誰にも遊んでもらえなかったので大人しく待っていたのだが、活動が終わってメンバーが着替えを終えて戻ってくると・・・・



20170212_サタデーナイト5

いつものように “艶っぽい姉さん” をロックオンして、膝の上に。

2時間ほとんど誰にも遊んでもらえなかったため、喜びが爆発しているらしい。
大勢いるメンバーの中で、なぜかいつもこの姉さんに固執する真熊。



20170212_サタデーナイト6

男にも甘えるが、比率にしたら圧倒的に女性に甘えている。
きっとドーベルマンなどのいかつい姿に生まれてきたとしても、同じことをするのだろう。



20170212_サタデーナイト7

艶っぽい姉さんは、真熊をぐっと抱きしめて、一気に温める。

そう、大概の犬は温められると大人しくなるのだ。
真熊も例外ではなく、あっという間に落ち着いてしまった。



20170212_サタデーナイト8

爆発していたテンションは一気に冷却されてしまったが、それでもたくさん甘えさせてもらったので、大満足の真熊であった。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

毎週土曜日が楽しみで仕方ない真熊に愛のクリックを!



人気ブログランキング

石油ストーブを崇拝しているような猫たちの姿にもね。



【今日の一言】

タイヤも履き替えたし、これでいつ雪が積もっても大丈夫! でも降ってほしくない・・・・
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| 真熊 | 14:53 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ