FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

大忙しの挨拶回り

「もう花金?」という朝に、こんにちわ。

いきものがかりの活動休止なんて、新年早々驚かされましたね。 でも発展的なお休みのようなので、ファンの方も一安心でしょう。 今年もとくに活動休止の予定はない局長です。



――― さて、石原さとみの誕生日、つまり12月24日(土)のお話のつづき。


20170106_チビクロハウス1

「ホワイトクリスマスなんて絶対にさせないぞ!」と俺に代わってお天道様が言っているようかの快晴だったこの日、真熊を連れて行き付けのドッグラン 『チビクロハウス』 に来ていた。



20170106_チビクロハウス2

「クリスマスだからお祭り気分」なんて気持ちは当然だが毛頭なく、だからといって「出初式まで待ちきれないぜ」という勇み足でもなく、「気候的にこれしかなかった」という実に後ろ向きな理由で江戸時代の火消しのようなハッピを着ていた真熊。



20170106_チビクロハウス3

「あっ、大きい犬!」



20170106_チビクロハウス4

「おぃ、待てよ、お前!」



20170106_チビクロハウス5

「やっぱり、あのおじさんに遊んでもらおっと♪」



20170106_チビクロハウス6

珍しく写真にセリフを乗せずに、文章にしてみたのだが、現場は間違いなくこんな感じだった。

例によって、よその飼い主さんの元へ “車庫入れ” して、背中や首周りをなでてもらう真熊。
相変わらず節操のない、強引なコミュニケーション手段である。



20170106_チビクロハウス7

一応、バーニーズ・マウンテンドッグとも遊ぼうとは試みるも、お互いの気持ちのタイミングが合わないようで、持ち越しとなった。

まるで、相撲の「立ち合い」で双方の呼吸が合わないときのような光景だ。



20170106_チビクロハウス8

外には近所のお百姓さんが車で野菜を売りに来ていたので、真熊はそこへも挨拶に。

人という人には片っ端から挨拶回りを繰り返す、昭和の体育会系的なポメラニアン。
そう、すべてのコミュニケーションは挨拶から始まるのだ。



20170106_チビクロハウス9

さらに、次に遊んでもらう人の物色を始める。

人が多いと、真熊の動きもノンストップ。
クリぼっち” を噛みしめている俺とは大違いで、終始楽しそうだった・・・・




【今日の一枚】

20170106_チビクロハウス10

「仕事始めは、ジム始め」

2017年も、本日からトレーニング開始です。
ストイックな43歳のオッサンに合いそうな素敵な女性がいたら教えてください。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

皆さま、無事に社会復帰できましたか? 俺はなんとか…



人気ブログランキング

今日を乗り切って、また三連休でボケ直しましょう。



【今日の一言】

二日仕事してまた三連休なんて、社会が設けてくれたリハビリ期間みたいなもんですね。
  


20161225_ダニエル・ウェリントン3

ひょんなことから三度目の 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターやってます。
 

| ドッグラン | 02:42 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |