FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

視線が気になる

三連休前に、こんにちわ。

ハンカチ王子が背番号を「1」に変更。 球団も何か飛躍のきっかけをといろいろ考えてるんですね。 スター性のある選手なので遅咲きでもいいから活躍してほしいですね。 局長です。



――― さて、長々とつづいてしまったこのレポートも、ようやく最終章。


20161222_スマイリー1

先週の日曜日、つまり12月11日に行き付けのドッグカフェ 『Smiley Smile』(スマイリースマイル)に行ったお話。

ただお肉を食べるだけの記事を3話も展開したもんで、ダラダラとつづいてしまった。



20161222_スマイリー2

たった10gのお肉を30分もの時間を掛けて、ようやく完食した真熊。

お腹も満たされたところで、今度は “店長” に遊んでもらおうとしているらしい。
図らずも他にお客さんがおらず、貸切状態だったのだ。



20161222_スマイリー3

耳を隠されて、アザラシというかアシカのような顔になってしまっている真熊。

生のイワシとかを大喜びで食べそうな顔だ。
ボールにも乗っかれそうである。



20161222_スマイリー4

猫のようにアゴの下をさすられながら、頭もなでなでしてもらい、ご満悦の表情。

よその飼い主さんには誰とも会えなかったが、こうして店長にマンツーマンで遊んでもらえるのであれば、真熊にとっては結果オーライだっただろう。



20161222_スマイリー5

頭をなでられることに満足したところで、今度はグラウンドの体勢になってお腹をなでてもらう気らしい。

だんだんと節操がなくなってきている。



20161222_スマイリー6

さらには、抱っこまで。

もはやノーブレーキでのノンストップ状態。
9歳にもなって甘えん坊ぶりをアピールし始めるオッサン犬。



20161222_スマイリー7

しかし、俺の冷ややかな視線に気付いたらしい。

途端に険しい顔になった。
自宅では普段見せないような姿なので、急に恥ずかしくなったのだろうか。



20161222_スマイリー8

自分から仕掛けておきながらも店長からの激しいカウンターにあい、さらには真正面から注がれる俺の視線もあって、完全にどうしたらいいのか分からなくなってしまっている真熊の表情。

「甘えたいけど恥ずかしいし」という気持ちが垣間見える。



20161222_スマイリー9

その後も、常に俺の視線が気になって仕方ない様子の真熊。

さっきまでの甘えっぷりが嘘のように消えてしまった。
別に怒ったりしないというのに。



20161222_スマイリー10

感情のポジションが、ちょうど小学校2~3年生くらいの年頃のレベルなのだろうか。

甘えたいけど、人前では恥ずかしい。
そんな複雑な気持ちが心の中で交差しているようだ。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

耳が隠れてイタチみたいな顔にされている真熊。



人気ブログランキング

どうにも俺の視線が気になって仕方ないらしい。



【今日の一言】

ハンカチ王子が活躍すれば、球団だけでなく球界全体が盛り上がりますからね、絶対に。
  

| ドッグカフェ | 07:38 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |