FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

エンドレスお肉争奪戦

週の真ん中に、こんにちわ。

先週末の忘年会以来、ずっと胃もたれが治らいので、昨夜はショック療法としてラーメン二郎へ行ってみたところ、調子が良くなりました。 俺の胃はどうなっているんでしょう。 局長です。



――― さて、そろそろ終わりにしないといけないであろう、このお話。


20161221_お肉1

前々回の日曜日、つまり12月11日に行き付けのドッグカフェ 『Smiley Smile』(スマイリースマイル)に真熊を連れて行ったレポート。

ワンブレイクを繰り返しながら綴っていたら、ダラダラとつづいてしまっている。



20161221_お肉2

そして、すでに2話ほど同じような内容のお話を綴ったが、たくさん写真を撮ってしまっていたので、性懲りもなく第3話目を強行してしまおうと思う。

この日は貸切状態だったので “店長” もヒマを持て余していたのか、かなりの時間、真熊の相手をしてくれていた。



20161221_お肉3

どうやら店長は、真熊がお肉に喰らいついてもあえて離してあげずに、悪戦苦闘する姿を見るのが大好きらしい。

すんなりお肉を食べさせてあげるシーンがほとんど見られなかった。



20161221_お肉4

店長の指を噛まないよう必死に注意しながらも、絶対にお肉は離さない真熊と、まったく意味もなくお肉を離さない店長との攻防。

どうしても店長の手を離れてくれないお肉を、そのまま食べつづける真熊のネバーギブアップ根性。



20161221_お肉5

途中、何度かキレそうになっていたが、それでも最後まで諦めない真熊。

まるで数日間何も食べていないようなハングリーさ。
なぜか俺が申し訳ない気持ちにさせられた。



20161221_お肉6

途中、「どっちの手にお肉は入っているでしょうか?」みたいな、まったく不要なクイズまで放り込まれる。

どうにも普通にお肉を堪能することを阻まれている。



20161221_お肉7

その後も、この攻防がエンドレスでつづく。
俺も写真ストックが底を突いていたこともあり、ついついずっと撮影しつづけてしまった。



20161221_お肉8

たった10gの茹でたイノシシ肉。

通常なら、1gにつき1秒計算で、ものの10秒もあればなくなってしまうところだが、店長のこの意地悪により約30分間という、フランス人ばりの時間を掛けた食事となってしまった真熊。



20161221_お肉9

楽しかったのか辛かったのかは微妙だが、最後にはこの笑顔になっていたので、恐らくは前者だったのだろう。

それにしても、ちょっと癖や臭みのあるイノシシ肉は、犬にとっては至極の一品らしい。



20161221_お肉10

でも、頑張り過ぎて疲れてしまったのだろうか。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

すんなり食べれば10秒で食べ終わる量のお肉。



人気ブログランキング

離してもらえないお肉を引っ張りつづけて30分。



【今日の一言】

ちょっと久しぶりだったラーメン二郎は、五臓六腑に沁みました。 俺の元気の素ですな。
  

| ドッグカフェ | 07:38 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |