FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

自転車操業

肌寒い朝に、こんにちわ。

毎週木曜日は、前夜に観た石原さとみのドラマのおかげでテンションを高めに維持できている局長です。 トランプ氏の娘が美人だと評判ですが、日本が誇る石原さとみには適わないでしょう。



――― さて、実はストック写真が底を突いてしまっている俺。


20161117_寒さ凌ぎ1

ついては、この時期のお約束コンテンツとも言える “動物たちの寒さ凌ぎ” シリーズで、俺もこのピンチを凌ごうと思う。

まさに自転車操業の当ブログ。



20161117_寒さ凌ぎ2

ちゃんと石油ファンヒーターはつけているというのに、まるで極寒の環境を強いられているように、寒さをアピールして丸くなる猫たち。



20161117_寒さ凌ぎ3

この日は、ペアがおかしなシャッフル状態になることもなく、至極まっとうな組み合わせで落ち着いていた。

安定した光景であるが、同時に写真の撮れ高は低い。



20161117_寒さ凌ぎ4

カップルなのかアベックなのか、それとも夫婦(めおと)なのか、本人たちの認識具合までは分からないが、とりあえずステディな関係の2匹と、その2匹から嫌われている天然猫1匹という構図だ。



20161117_寒さ凌ぎ5

そうかと思えば、これはまた別の日。

にいなではなく、大嫌いなはずの寿喜と寄り添って眠る稚葉。
この娘、尻軽女なのだろうか、実は。



20161117_寒さ凌ぎ6

さらに別の日、真熊が何を思ったのか、ベッドも毛布も独り占めという大名気分かとツッコミを入れたくなるような状況でくつろいでいた。



20161117_寒さ凌ぎ7

おかげで猫たちは互いにくっ付いては、自らの被毛のみで暖を取り合うという心許(こころもと)ないコンディションを余儀なくされていた。



20161117_寒さ凌ぎ8

そんな猫たちを尻目に、深い眠りに落ちていく真熊。
寿喜に負けじと、けっこう天然なのだ、この黒い生き物は。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

あの手この手で必死に寒さを凌ぐ動物たちに愛のクリックを。



人気ブログランキング

過去最大の「低迷中」の当ブログですが応援よろしく。



【今日の一言】

石原さとみは確かに日本一の美人だけど、本当に好きなのは有村架純・・・・ なんの話だ!
 

| 日常 | 01:39 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |