FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

週末の楽しみ

秋晴れの日曜日に、こんにちわ。

昨日につづく秋晴れの小春日和なので、今日はなんとしても真熊をどこかへ連れていかなければと焦りながらブログを更新している局長です。 10時まで寝てしまっていたのです。



――― さて、少し前のサタデーナイトのお話。


20161106_とある組織1

俺が局長を努める「とある組織」の活動に真熊も連れて行った。

最近では自分もついて行けることが当たり前だと思っているようで、俺が準備を始めると一緒になってソワソワし始めるのだ。



20161106_とある組織2

とはいえ、活動中に「余り」となるメンバーがいない限りは、こうしてブランケットの上でおとなしく待つしかない。

かれこれ数年間もこれを経験しているだけあって、馴れた様子で待っている。



20161106_とある組織3

「はいはい、待ってればいいんでしょ、待ってれば」
くらいの表情で、気持ち不貞腐れた表情も見せながら、おとなしく待つ真熊。



20161106_とある組織4

しかしこの日は、途中からメンバーも増えて「余り」が生じた。
すると、すかさず余ったメンバーの上に当たり前のように乗っかる真熊。



20161106_とある組織5

あまりに馴染んでいて、俺もなかなか気付かないほどだった。

ノースリーブのインナーシャツ一枚になるほど暑がっているメンバーの膝の上に、容赦なく乗っかる毛むくじゃらの生き物。



20161106_とある組織6

うちわでクールダウンしたいのだろうが、足の上からものすごい熱が伝わってきて、まったく体温が下がらなかったことだろう。



20161106_とある組織7

そして、活動が終わり、他のメンバーたちも続々戻ってくると、そこからは真熊にとっても遊び相手がより取り見取りとなる。

まずはストレッチに勤しむ “艶っぽい姉さん” のもとで、お腹をなでてもらう。



20161106_とある組織8

メンバーが着替えを終えた頃には、さらに違う場所にナチュラルな様子で収まっていた。

みんな運動直後で暑いだろうに、それでもこの毛玉の如き生き物が乗っかってくることを優しく受け止めてくれていた。



20161106_とある組織9

本当は自分が一番の暑がりのくせに、こうして人の膝の上で甘えるしたたかな真熊。



20161106_とある組織10

やりたい放題である。

この性格のままセントバーナードに生まれてしまっていたら、間違ってもこんな甘え方もできなかったろうから、ポメラニアンに生まれてこれたことに感謝するしかないな。



20161106_とある組織11

実は、背中をかいてもらうよりも、お腹をなでてもらうことのほうが好きな真熊。
ちゃんと仰向けになって要求するあたりが、本当に節操がない。



20161106_とある組織12

暑い中、クールダウンもできずに黒い毛だらけになってしまったメンバーたちには申し訳ない限りだが、おかげで真熊は週末の楽しみを堪能することができたようだ。

良かったな、キサマ。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

今日は真熊も笑顔が多いので、クリックをよろしく。



人気ブログランキング

仏頂面ばっかりだからか、最近えらく低迷中の当ブログ。



【今日の一言】

どこへ行こうか。 どこも混んでそうだな。 困ったな・・・・
 

| 真熊 | 11:31 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |