FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

さよならサザオフ2016

花金の朝に、こんにちわ。

日本シリーズが毎試合、熱戦すぎますね。 サヨナラ満塁ホームランで終わるなんて劇的もいいとこですね。 こりゃ明日から戦場を広島に移しても激闘になりそうですね。 局長です。



――― さて、長らくつづいた “サザオフ 2016” のレポートも本日がついに最終章。


20161028_サザオフ1

朝から降りつづいていた雨が上がってから、約3時間押しで駆け足のように様々なメニューが消化されていった 『その後のサザビー』 のオフ会、通称 “サザオフ” 。



20161028_サザオフ2

最後のメニュー 『マツワン★グランプリ』 も終わり、よその飼い主さんへの挨拶回りにも満足したのか、久しぶりにベースキャンプへ戻ってきた真熊。

そこには、行き倒れになったセイウチのような人が横たわっていた。



20161028_サザオフ3

遠く岡山県から夜通し運転してきた疲れが、ここへ来てドッと出たらしい “みにも” さんだ。

セイウチとアザラシという2匹の海洋生物が寄り添うような不思議な光景が広がる。
ただし、アザラシのほうはまだまだ元気そうだ。



20161028_サザオフ4

するとそこへ、“ドルパパ” がケーキを持ってきてくれた。

サザオフの主催者 “羊Y” 兄さんの誕生日を祝ったバースデーケーキだ。
しかし、何やら明らかに健康を害しそうなカラフルな着色がされている。



20161028_サザオフ5

おそらくは、この「虹」の部分だろう。

他にもカットされた部分はたくさんあったのに、何ゆえピンポイントでこの部位を・・・・
ちなみに、色による味の違いはまったくなかった。



20161028_サザオフ6

最後に参加したすべての犬たちによる記念撮影。

パピヨンだらけの中で、完全に埋没している真熊。
どこにいるのかも判別できないことだろう。



20161028_サザオフ7

実際は、ここにいたのだ。

これでもかというほどの数のパピヨンに囲まれて、異物感が半端ない真っ黒い生き物。
カートの一部にしか見えない。



20161028_サザオフ8

プチ撮影会も終わり、散りゝになっていくパピヨンたち。

疲れているだろうに、アイコン的な存在として気丈に撮影を頑張ってくれていたサザビーと最後に記念撮影。



20161028_サザオフ9

そして、いよいよ今年のサザオフも全メニューが終了し、お開きとなることに。

犬には興味がないながらも、なぜか大型犬だけは真熊は、サザビー家のシェパード(タービュレン) “ラピュタ” を見つけて大喜びで駆け寄る。



20161028_サザオフ10

まさかの、お腹の下をくぐるという「遊具」扱い。

しかし、まるで動じる様子もなく、微動だにしないラピュタ。
小型犬と比べると、やはり落ち着き具合が違いすぎる大型犬。



20161028_サザオフ11

昨年はサザビーのコンディションから、公式のオフ会は開催されずに、スタッフ陣営による「スピンオフ会」という小規模な会合に留まっていたが、今年はこうして2年ぶりの大規模開催となった “サザオフ” 。

サザビーファミリーの皆さま、ありがとう、そしてお疲れさまでした。



20161028_サザオフ12

ちなみに、俺と真熊はここにいた。



20161028_サザオフ13

その後、いつまでもレジャーシートの上でウダウダやっていた真熊は、撤収作業の中でレジャーシートごと抱え上げられていた。

サザオフ、また来年も開催されますように。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

↑こちらのランキングのみなぜか急降下中なんすよね・・・・



人気ブログランキング

いろんな人にたくさん遊んでもらえて満足だった真熊。



【今日の一言】

毎年この時期が仕事の繁忙期なので、ソファでの寝落ち率や、寝坊率が高くなるんです・・・・
  

| オフ会 | 07:52 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |