FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

久しぶりの太陽と、遅れてきた残暑

連休明けに、こんにちわ。

これまでも再三にわたり「CS(クライマックスシリーズ)など矛盾した制度だ」と言いつづけてきたが、負けたら負けたで悔しいものです。 これで今シーズンが終了しました。 局長です。



――― さて、先週の日曜日、すなわち10月2日のお話。


20161011_お出掛け1

本当に久しぶりに快晴の日曜日となったこの日。

もはや存在を忘れかけてさえいたお日様を懐かしみながら拝みつつも、この恩恵を受けずにいられるものかと、居ても立ってもいられなくなった俺。



20161011_お出掛け2

朝から大慌てで家のことを済ませ、お昼になると同時に真熊を愛車の助手席に放り込んだ。

いつもなら、車に揺られることで眠気をもよおす真熊だが、この日はポカポカ陽気がそうさせるのか、まだ車が発進すらしていない段階で大あくびを始めてしまった。



20161011_お出掛け3

恐るべき太陽光。

電力すら発生させてしまう太陽光に掛かれば、真熊の眠気を誘発することなど赤子の手をひねるが如く他愛もないことのようだ。



20161011_お出掛け4

車を走らせること30分。
目的地には着いたものの、想定外の事態が。

この久方ぶりのお天道様に誘(いざな)われたのは、どうやら俺たちだけではなかったらしい。



20161011_お出掛け5

どうにも駐車場が空いておらず、この施設の5箇所にわたる駐車場のすべてを回るも1台たりとも空きがないほどの満車状態。

30分近く待ってようやく停めることができたのだった。



20161011_お出掛け6

おかげで、いざ車を降りて歩き始めた頃には、時刻は13時を回っていた。
想定外のタイムロスだ。

それはそうと、真熊はここがどこなのか、必死に記憶の糸をたどっている様子である。



20161011_お出掛け7

来たことがあると言えばあるし、ないと言えばない。
それは追々明らかにしていくとして、久しぶりの快晴に真熊の表情も明るかった。



20161011_お出掛け8

駐車場からの遊歩道を抜けると、人工的な小高い丘が見えてきた。

思えば今年は梅雨明けしてからというもの、週末がこういったベストコンディションとなった日など、数えるほどしかなかった。



20161011_お出掛け9

来る日も来る日も雨・雨・雨で、真熊のお出掛けにもえらく支障が出ていた。

それがこの日は、10月に突入したところで、ようやくの遅すぎる残暑が。
9月にはまったくなかった30℃超えの夏日となった。



20161011_お出掛け10

そんな残暑を噛みしめながら、大きな橋を渡り終えると、そこには階段が待ち構えていた。

「階段」。
高低差のある場所への移動をスムーズに行うための人類の英知。



我が家には、その階段に対して “鉄の掟” とも呼べるルーティーンが存在する。


20161011_お出掛け11

今まさに、そのルーティーンを実践しようというところへ、何も事情を知らない無邪気なキッズが現れてしまい、集中力を削がれる真熊。

ちょっとした険悪な空気が流れる階段前。



20161011_お出掛け12

しかし、俺の「ヨシ!」の掛け声と共に、そんな淀んだ空気など一気に切り裂かんばかりのロケットスタートを見せる真熊のダッシュ。

走る喜びに酔いしれるかのように笑顔で激走する9歳のシニア犬。


つづく・・・・




ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

久しぶりに見る太陽に笑顔が絶えない真熊、そして俺。



人気ブログランキング

除草剤が撒けないから、もう雨は降らないでほしいのだが。



【今日の一言】

これでベイスターズが優勝してしまったら、シーズン5割を切っているチームが日本一!?



ダニエル・ウェリントン

再び腕時計 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターをやってます。
 

| 真熊 | 01:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |