FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

にぎわうドッグラン

日曜日の朝に、こんにちわ。

本日はあの伝説のパピヨン 『その後のサザビー』 のオフ会だというのに、昨夜はブログも更新せずに寝落ちした挙句まんまと寝坊してしまいました。 どうしよう。 局長です。



――― さて、再び9月25日(日)にドッグラン 『チビクロハウス』 に行った日のお話に。


20161009_ドッグラン1

到着してから一時間ほど経った頃、“午後組” と呼ぶべきか、お昼ごはんを済ませてから家を出たと思しきファミリーが次から次へとやって来た。

途端ににぎわいを見せるチビクロハウス。



20161009_ドッグラン2

しばらくすると、「駒沢公園で会いましょう」にも参加してくれていたスキッパーキの “小夏” もやって来た。

ここへ来る前は、ドッグカフェ 『Smiley Smile』(スマイリースマイル)にいたらしい。



20161009_ドッグラン3

しかし、真熊と違って人見知り女子なのか、どうしても俺にはボディを触らせてくれなかった。
難しい年頃なのだろうか。



20161009_ドッグラン4

小夏は俺に近寄らないが、真熊は小夏のパパさんに愛想を振りまいていた。
シャイな女子と、ノーテンキな男子のような図式じゃないか、これでは。



20161009_ドッグラン5

そういえば、小夏のパパはこの期におよんで今なお小夏のことを「黒いポメラニアン」だと詐称していた。

スキッパーキであることに、何か不都合でもあるのだろうか。



20161009_ドッグラン6

そんなこんなで、ようやく活気づいてきたチビクロハウス。

真熊にも挨拶回りをする相手の「選択肢」が増えたらしく、生意気にも “次を選ぶ楽しみ” みたいなものを味わっていた。



20161009_ドッグラン7

「犬も増えているぞ!」

ようやく真熊にとっての「ドッグランの楽しみ」が満喫できる状況になってきたフィールド内。
自然と真熊の顔も締まりのない薄笑いになってくる。



20161009_ドッグラン8

バリエーションに富んだ犬種たち。

ずっと雨ばかりで外を走ることができなかっただろうから、みんな楽しそうである。
そう、ドッグランはこうでなくてはならん。



20161009_ドッグラン9

しかし、真熊はひとしきり挨拶回りを済ませたところで、俺の元へ戻ってきてしまった。

どうやら、俺の横に座ったファミリーがオーダーしたケーキの匂いを嗅ぎつけてしまったらしい。
こんなときにだけ無駄に機能する犬の嗅覚。



20161009_ドッグラン10

ドッグカフェはお肉を食べる場所。
ドッグランは人と遊べる場所。

真熊にとってはそういう認識のはずだが、たまにそれが混同することがあるらしい。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

ようやく心から楽しめる状況になってきたチビクロハウス。



人気ブログランキング

でも相変わらず犬とは遊ぼうとしない真熊。



【今日の一言】

せっかくの三連休だというのに、またも雨。 本当に今年は雨が多くてストレスフルな日々。



ダニエル・ウェリントン

再び腕時計 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターをやってます。
 

| ドッグラン | 09:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |