FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

謎の帽子騒動

週の真ん中に、こんにちわ。

沖縄や久米島が台風の猛威に晒されていた昨日は、関東地方では打って変わっての真夏日だった。 夏が俺のために悪あがきしてくれているようで、勝手に嬉しかった局長です。



――― さて、話があっちこっちに行って申し訳ないが、本日は再びこちらの話を。


20161005_スマイリー1

9月の三連休の最終日、つまり19日の月曜日、夕方から行き付けのドッグカフェ 『Smiley Smile』(スマイリースマイル)を訪れていた俺と真熊。

ちょっと早めの晩ごはんとして、イノシシ肉10gを平らげた真熊は満足そうな顔をしていた。



20161005_スマイリー2

すると、“店長” がおもむろに真熊の頭に何かをかぶせた。

ピンク色で、正面に星印。
“少女時代” が日本デビュー時期にかぶっていたようなマリン感のある帽子だ。



20161005_スマイリー3

状況がつかめずにフリーズしている真熊。

どうやら俺に答えを求めているようだが、当の俺も突然のこと過ぎて、イマイチこの状況をつかめていなかった。



20161005_スマイリー4

しかし、店長はさらに別のカラーを試そうとさえしていた。
真熊の黒いボディには、水色のほうが合うのではないか、はたまたネイビーのほうが・・・・

おかげで余計に状況がつかめなくなってしまった真熊。



20161005_スマイリー5

そんな真熊の困惑ぶりなどお構いなしに、必死にマッチングを試しつづける店長。

とはいえ、真熊もなんのかんの楽しそうな表情だ。
最終的には、店長が一人納得したらしく、これらの帽子を引き上げていった。



20161005_スマイリー6

何がしたかったのやら、店長は。

だが、真熊がそれなりに帽子が似合うということを知れたのは大きな収穫だ。
犬用の巨人帽って発売されないものか。



20161005_スマイリー7

そうこうしている間に、先客さんにつづき、後から来たお客さんまでもお店を後にしていた。
店内は、いつの間にやら俺たちのみに。

誰もいないのは少し寂しいが、真熊は店長に思い切り構ってもらえるので嬉しそうだった。



20161005_スマイリー8

しかし、この日の店長による「なでなで」は、少し “やっつけ仕事” 感があった。
2分くらいで終わってしまった。

眠気をもよおす暇もなく、むしろ驚いてしまっている真熊。



20161005_スマイリー9

気が付けば、時刻は19時を回っていた。

実はこの日は、20時から俺が局長ではなく “総帥” を努める「とある組織」ではない某組織の活動があったため、それまでの時間をこのお店で過ごしていたのだ。



20161005_スマイリー10

よって、そろそろ組織の活動へと出発しなければならなかった。
まだまだ店長と遊んでいたかった真熊だが、残念ながらお店を後にすることに。

「近いうちにまた連れてきてやるさ!」と根拠のない約束をして、店長に別れを告げたのだった。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

頭が一つしかないのに、三つの帽子を用意してきた店長。



人気ブログランキング

真熊が「キングギドラ」のような生き物に見えたのだろうか。



【今日の一言】

プロ野球も「戦力外通告」の季節になりましたね。 当の本人は辛くて仕方ないでしょうね。



ダニエル・ウェリントン

再び腕時計 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターをやってます。
 

| ドッグカフェ | 02:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |