FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

走りの本能を呼び覚ませ

火曜日の朝に、こんにちわ。

今まさに沖縄では「これまでに経験したことのないような暴風」を伴う台風に見舞われているとのこと。 心配です。 しかし今年は台風がやたら多いですね。 局長です。



――― さて、昨日のつづきで、先週の日曜日、つまり9月25日のお話を。


20161004_チビクロ1

毎日雨が降りつづいていたこの週。

日曜日になってようやく雨が上がったので、この機会を逃すわけにはいかん!と、大急ぎで行き付けのドッグラン 『チビクロハウス』 に真熊を連れてやって来た俺。



20161004_チビクロ2

しかし、愛犬家にとっては待ちに待った雨上がりだというのに、ドッグランには先客が2組いるのみで、ほぼ貸切のような状態だった。

それでも、久しぶりに雨を気にせず走り回れることが嬉しくてたまらない様子の真熊。



20161004_チビクロ3

曇り空だが、湿度が高くて暑い。

そんな中で狂ったように走り回っていた真熊は、ようやく喉の渇きに気付いたらしい。
走り込みの途中で水道場に立ち寄って、お水を一気飲み。



20161004_チビクロ4

この日までの一週間は、毎日雨ガッパを着て家の周りでトイレを済ますだけの日々だったため、こうして喉が渇くまで走り込めるのが嬉しくて仕方ないようだ。



文字どおり「犬が走る」と書いて “ドッグラン” 。


20161004_チビクロ5

まさにお手本のような姿でドッグランを楽しむ真熊。

それなのに、何ゆえこの日はこんなに空いているのやら。
よその犬たちだって、毎日ゝ雨ばかりで鬱憤が溜まっていただろうに。



するとそこへ、もう一人のオーナーさんが現れた。


20161004_チビクロ6

そうそう、昨日の記事で一点間違っていた箇所があった。(現在は修正済み)

俺の同級生女史 “ナス” の娘は、幼稚園生ではなく、高1と中1。
「幼稚園」は、保母さんをしているナスの職場のことだった。



20161004_チビクロ7

方や高1の娘がいるナスと、未だにプラプラした独り者の俺。

同級生なのに、どこでこんなに生き方が異なってしまったのか。
俺は一体どこで道を踏み外してしまったのか。



20161004_チビクロ8

オーナーさんに構ってもらったが、実はまだ走り足りなかったらしい真熊。

よほどストレスフルな日々を送っていたんだな、この雨つづきの毎日に。
走ってくるがいいさ、馬車馬の如く。



20161004_チビクロ9

すると、獲物を狙うハンティング中のオオカミを彷彿とさせるような険しい表情で走り出す。

こんな毛むくじゃらな姿でも、やはり犬の祖先であるオオカミの遺伝子がその体に脈々と受け継がれているということだろうか。



20161004_チビクロ10

「ドッグランとは、犬が走るところであって、人が走るところじゃないんだ」

よその飼い主さんに遊んでもらうよりも、ひたすら走り回っていたこの日の真熊。
いつになく犬らしい姿を見せていた。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

雨が高じて、犬がもつ「走り」の本能が目覚めたらしい真熊。



人気ブログランキング

こんな毛むくじゃらな姿だけど、やっぱり犬だったんだな。



【今日の一言】

ゲスの極みの彼は、関わる人たちを不幸にしてしまう何かをもっているのだろうか・・・・



ダニエル・ウェリントン

再び腕時計 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターをやってます。
 

| ドッグラン | 01:53 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |