FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

週末の楽しみ

日曜日の朝に、こんにちわ。

久しぶりにお日様が姿を見せてくれている熊猫犬地方。 消えていなかったんですね、太陽。
こりゃ洗濯日和で、芝刈り日和で、雑草むしり日和ですね。 局長です。



――― さて、「国営昭和記念公園」レポートはワンブレイクして、少し前の週末のお話を。


20160925_とある組織1

その昭和記念公園に遊びに行く前夜、俺が局長を務める「とある組織」の活動に、真熊を連れて行ってあげていた。

どんよりした天気がつづいていたので、真熊のストレス発散も兼ねていた。



20160925_とある組織2

この男は、「仙台で会いましょう」企画にも同行した我が組織の元イケメン。

当ブログの読者である “まいっちんぐ” さんと会わせたら、わずか一週間でちゃっかり交際にまで発展してしいた不謹慎な男である。



20160925_とある組織3

そういった大人の事情を知らない真熊は、「ただ背中をかいてくれる人」として彼を最大限に有効活用していた。

ちなみに、まいっちんぐさんとは今もよろしくやっているらしい。



20160925_とある組織4

これは、別のメンバーが連れてきた子供。

「犬が怖い」などと後ろ向きなことを言っていたので、“絶対に吠えない、噛まない犬” という「ピースフルな犬の象徴」として売り出し中の真熊で、その恐怖心を取り去ってあげることに。



20160925_とある組織5

案の定、2分程度で恐怖心も拭い去られ、その後はずっとこうして遊んでいた。

真熊には、今後も全国の犬が苦手なキッズたちのために、このモフモフを生かしてやってほしいものだと、他人事のように思いながらシャッターを切っていた俺。



20160925_とある組織6

この日は、いつもより人が多かったため、組織の活動中も人数的に余ってしまったメンバーに常に構ってもらうことができていた真熊。

終始楽しそうな顔をしていた。



20160925_とある組織7

しかも、相手が女性の場合は、必ず上に乗っかる。

男や子供が相手のときには、床に寝そべった状態で背中をかいてもらうくせに、女性が現れた途端に太ももの上に乗ってしまうこのしたたかさは、一体いつ形成されたのやら。



20160925_とある組織8

自分が小型犬であること、且つ愛玩犬に属することを、冷静に理解しながらフル活用する。

いや、仮に大型犬だったとしても同じことをしてしまうような気がする。
なんとなく、そういう性格に育ってしまった真熊。



20160925_とある組織9

こうして、組織の活動が終了するまでの2時間半を、いつものように大人しく待機するのではなく、たくさん遊んでもらえて実にラッキーだったこの日。



20160925_とある組織10

とはいえ、いつものように待ち時間が長い日でも、俺以外の人間に構ってもらえることには変わらないので、実はここへ来ることを「週末の楽しみ」にしている真熊なのであった。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

この日は人も多くて、たくさんの人に構ってもらえた真熊。



人気ブログランキング

アクセスが激減する週末だけど、変わらず応援よろしくね!



【今日の一言】

真熊のフラストレーションもたまっているだろうから、洗濯が終わったらドッグランかな。



ダニエル・ウェリントン

再び腕時計 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターをやってます。
 

| 真熊 | 09:56 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |