FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

箱猫と箱犬 2016

サンデーモーニングに、こんにちわ。

広島カープファンの皆さま、優勝おめでとうございます。

資金力が低いゆえに大型補強などもできず、それでも黒田が男気で復帰したり、阪神で居場所のなくなった新井を呼び戻してあげたり、幾多の物語があっただけに、この25年ぶりの優勝は感動も大きかったことでしょう。 局長です。



20160911_箱猫1

そんな全国の広島カープファンの皆さまへ、これらの写真を捧げます。

まずは、箱。
この大きさでは入りきれないほどの感動があったのでしょうね、この優勝には。



20160911_箱猫2

次に、猫。

カープ、すなわち「鯉」にとっては、むしろ天敵となる動物ですね、猫は。
そういえば、「○○キャッツ」みたいな名前の球団って世界的にも存在しないですね。



20160911_箱猫3

そして、箱猫。

マツダスタジアム(正式名称:Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島)にカープファンが吸い寄せられるのと同じで、そこに箱があると猫も吸い寄せられる現象、それが「箱猫」。



20160911_箱猫4

箱猫の後ろ姿。

箱の中で寝そべる猫のように、マツダスタジアムにも 『寝ソベリア』 という名前の寝転がりながら観戦できる席がありますよね。



20160911_箱猫5

別の箱があれば、無意識に入ってしまう猫。

マツダスタジアムにも、『砂かぶりシート』 やら、バーベキューができる席やら、畳の席やら、様々なタイプの席があってファンを飽きさせないですよね。



20160911_箱猫6

箱が空いた瞬間に、しれっと入ってしまう別の猫。

マツダスタジアムの観覧席は、自由席でない限りは、ちょっとトイレに行っている隙に他のファンに座られてしまうようなこともないので安心ですよね。



20160911_箱猫7

すべての箱が猫で埋まる “箱猫尽くし” 。

マツダスタジアムのすべての席がカープファンで埋まるのと同じ現象ですね。
カープ女子からオッサンまで、今年は満員御礼つづきだったことでしょう。



20160911_箱猫8

箱の中でリラックスして眠気をもよおす猫。

球場に足を運んだカープファンは、眠くなることなんて一度もなかったでしょう、今シーズンは。
逆に今シーズンの巨人ファンには多かったでしょう、眠くなるようなシーンが。



20160911_箱猫9

猫ではない、別のカテゴリーの生き物である犬が箱に入る “箱犬” 。

今シーズンのカープに例えるなら、国籍が異なるジョンソンやエルドレッドの大活躍と同じですね。
とくにジョンソンは手が付けられないですよね。



20160911_箱猫10

といったわけで、広島カープファンの皆さま、おめでとうございました。
今ごろ広島の街では、オールナイトの宴が繰り広げられているのでしょうね。

来年の今ごろは、東京の街で巨人ファンの狂喜乱舞が叶うといいな・・・・
>>> 2012.07.13 『箱猫と箱犬




ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

何ゆえ猫たちは、ここまで箱が好きなのか。 不思議だ。



人気ブログランキング

俺もよくここまで無理やりカープネタと絡められたものだ。



【今日の一言】

実はけっこうカープに詳しかった俺。 しかし今年のカープは尋常じゃなく強かったな・・・・



ダニエル・ウェリントン

再び腕時計 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターをやってます。 現在、夏キャンペーン中。
 

| 日常 | 03:22 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |