FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

二本足立ちポメラニアン

新しい週に、こんにちわ。


毎日ゝ巨人の体たらくぶりに、腸(はらわた)が煮えくり返っている局長です。 優勝慣れしていない広島を揺さぶることすらできずに、マジック減らしに貢献しまくっているなんて。



――― さて、再びダラダラとつづいているお盆休みの “千葉の両親宅” でのお話へ。


20160905_熊シルエット1

親父” は “志熊” を連れて散歩へ出掛けてしまったものの、やかましいヤツもいなくなったからか、芝生に寝転んでまったりし始める真熊。



20160905_熊シルエット2

すると、のんびりしたのも束の間。
人がやって来た。

再びテンションが急上昇して立ち上がる真熊。



20160905_熊シルエット3

なぜかそのまま普通に二本足立ちになって出迎える。

お隣さんだ。
この家の売主さんでもある。



20160905_熊シルエット4

いつも登場しては真熊をきりきり舞いさせる例のキッズのお婆ちゃんに当たる。

それよりも、安定しまくっている真熊の二本足立ちのほうが気になる。
完全に熊のシルエットではないか。



20160905_熊シルエット5

お隣さんに聞くところによると、志熊はお留守番をしているときは、ちょっとした物音にも激しく吠えまくり、一応「番犬」としての役割は果たしているらしい。

つまり、親父が家にいるときに万が一のことが生じても、激しく吠えて外に異常を伝えることができるという。



20160905_熊シルエット6

2~3日、親父の姿が見えずに、さらには志熊が激しく吠えていたら、すぐに俺に連絡をくれると言っていた。

無意識のうちに、ちょっとしたセンサーのような役割を担っている志熊。



20160905_熊シルエット7

これで親父の状況への心配は減ったが、逆に俺に異常が生じた場合、我が家の動物たちは何か働いてくれるのだろうか。

4匹もいるけど、意識を失った俺の上で暖を取って一緒に眠ってしまいそうで怖い。



20160905_夫婦猫1

ちょうどキリのいいところなのだが、それにしては写真点数が少ないので、夫婦猫の写真でも載せておこうと思う。

やはり、いつも一緒にいる2匹。



20160905_夫婦猫2

もはや、稚葉に至っては、熟年夫婦の如き貫禄だ。
後姿だけでも、なぜかにいなが尻に敷かれているイメージがわいてきてしまう。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――


にほんブログ村

どうやら志熊は番犬として、それなりに役に立っているらしい。



人気ブログランキング

一方、父親の真熊は「熊」に向かって進化中なのだろうか。



【今日の一言】

打線はそこそこ打てているのに、投手陣が。 このままじゃ2位すら危うい。 巨人の話です。



ダニエル・ウェリントン

再び腕時計 『ダニエル・ウェリントン』 のモニターをやってます。 現在、夏キャンペーン中。
 

| 真熊の子供 | 01:40 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |