FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

インテリ・ポメラニアン

花金ですね、こんにちわ。

気が付けば、8月も終わりを迎えていますね。 昨年はこの時期に突如として夏が終わってしまったものですが、今年もまさか? こんな腑抜けた暑さのままに? 局長です。



――― さて、ただでさえ飽きられ始めている当ブログ。


20160826_動物たち1

そこへ同じネタが何日もつづいては、もはや目も当てられない結果になってしまいそうなので、本日は別のお話を無理やりひねり出そうと思う。

大した内容ではないが、我が家の動物たちの最近の様子を。



20160826_動物たち2

天然猫の寿喜は、なぜか俺のパソコンチェアを定位置としている。

毎回、座面を毛まみれにしてくれるので、ブログの更新には、まず寿喜をどかした上でコロコロ掛けをするところから始まるのだ。



20160826_動物たち3

いつの間にかステディな関係になっていたストレス猫にいなと、紅一点の稚葉の2匹は、ご覧のとおり実に不自然なポジションで一緒に寝ていた。

ソファの背もたれ” というにいなの定位置であるが、何ゆえ2匹一緒にこの隅っこに。



20160826_動物たち4

薄気味悪い半笑いのような顔で熟睡している寿喜。
「ネコ科の動物が気を抜くとこういう顔になる」という現実を体現しているかのような姿だ。

猫3匹のうち、自分を除く2匹が付き合っているという、『あいのり』 だったら史上最悪なポジションにも関わらず、なんら気まずさを感じていないのが、コイツの天然ゆえの奇跡である。



20160826_動物たち5

この2匹に至っては、「集団生活」の秩序を乱すような身勝手な行動を、なんら悪びれる様子もなく、むしろ堂々と見せ付けてきている。

それよりも、この3人掛けの大きなソファで、どうして狭苦しい一角で寄り添っているのやら。



ときに、真熊はというと ―――


20160826_動物たち6

例によって極度の暑がりゆえに、硬いフローリング張りの廊下で寝ていたので、「こっちでファミリーの輪に加われよ」とソファの上に呼び付けてみた。

でも、真っ黒でいつもと何一つ変わらない写真しか撮れなかったので、安易に俺のメガネとかを掛けてみた。



20160826_動物たち7

普段から顔を会わせている女性も、メガネ一つで女医さんや女教師のように見えてしまうかの如く、毛むくじゃらの真熊でさえメガネを掛けることで “インテリなポメラニアン” のように写ってしまう “銀ブチ眼鏡マジック” 。

こんなアイテム一つで、偏差値が高そうなポメラニアンに見えてしまうから不思議なもんだ。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――




でも黒いサングラスを掛けると、ボディに同化してしまう。



人気ブログランキング

きっとコイツはメガネくらいでは何も変わらないだろう。



【今日の一言】

今年は「寝苦しくて眠れない夜」なんて日が一日もない。 不完全燃焼のまま終わるのか?
 

| 日常 | 02:06 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |