FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年09月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

真熊の川渡り

お盆休みの最終日に、こんにちわ。

明日から社会復帰なんて信じられないのに、台風まで関東地方をかすめるなんて、まさに嵐の予感ですね。 働かずに食べていく方法はないものでしょうか。 局長です。



――― さて、曜日感覚がまったくなくなってしまったが、8月12日(金)のお話のつづき。


20160816_小川渡り1

1,500円のハンバーガー」を食べに行ったお店に、カフェマットを忘れてきてしまうという失態を犯した俺は、再び福生市という横田米軍基地のある街へと行く羽目に。

その帰り道、せっかくだからと近くの公園を検索して、真熊と共に立ち寄ってみた。



20160816_小川渡り2

とくに遊具もなく、ひたすら芝生と砂利道があるだけの公園だが、人工的な小川もあった。

川を挟んだ真熊の写真でも撮ろうかと、ひとまず俺だけ向こう岸に飛び移ってみた。
まるで川向こうに謎の生物が現れたかのような絵だ。



そこで、もう少し川べりに寄らせようと、「真熊!」と声を掛けてみると ―――



俺の掛け声を何か勘違いしたらしく、小川を渡ってきてしまった。

これまで、海やプールなどでも、自ら率先して入ることはなかった真熊。
多少の怖さがあるのか、できれば入りたくないというスタンスだった。



20160816_小川渡り3

それがこの日はどうしたのか。

なんの躊躇もなく小川に突入してしまった。
深さもろくに確認せずに。



20160816_小川渡り4

何かの間違いかもしれないと思い、再度俺だけ川の逆サイドに飛び移り、同じように「真熊!」と声を掛けてみる。

すると、やはりどうしたのか・・・・・



20160816_小川渡り5

先ほどのリプレイを見るかのように、迷うことなく小川に入水する真熊。
一寸の迷いもない様子だ。



20160816_小川渡り6

その後も、とくに慌てる様子もなく、むしろ川遊びを楽しんでいるかのような余裕すら見える。
9年間も一緒にいるが、初めて見るような光景だ。



20160816_小川渡り7

きっと、この日の猛暑がそうさせたのだろう。

人間がプールに飛び込みたくなるような衝動に駆られたのだと思う。
ただでさえ、こんな暑苦しそうな毛皮を着込んでいるのだし。



20160816_小川渡り8

本当なら、背中のチャックを開けて中身を外に出してあげたいくらいだ。
そりゃ暑かろう。



20160816_小川渡り9

この想定外の真熊の行動により、リードはびしょ濡れになってしまったが、動画や写真の「撮れ高」としてはなかなかの結果だったと思う。


つづく・・・・・




ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――




自ら小川に飛び込むくらい暑かったらしい真熊。



人気ブログランキング

案ずるな、今年も伊豆の海に連れて行ってやるけん!



【今日の一言】

「サンデーモーニング」の張本勲って、どうして野球以外のことでも文句ばかり言うのか。
 

| 真熊お出掛け | 15:01 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ