FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

猫たちの夏支度

サタデーモーニングに、こんにちわ。

五輪のおかげで完全に生活が乱れまくっています。 昼夜逆転です。 局長です。
女子卓球団体のテレビ中継のおかげで、この更新作業もまったく捗りません・・・・



――― さて、お盆休み2日目でもある昨日のお話。


20160813_猫の毛1

猫たちへのブラッシングを決行した。
まずは寿喜から。

猫飼いなら誰もが持っているであろう魔法のブラシ 『ファーミネーター』 でアンダーコートをごっそり取ってやるのだ。



20160813_猫の毛2

次は、にいな。

この時期のファーミネーター掛けは、皮膚の上に浮いている抜け毛を取り去ってくれるためか、猫たちも実に気持ち良さそうにしている。

爪切りと違って、何一つ抵抗せずに「まな板の上の鯉」状態なのである。



20160813_猫の毛3

すると、どこからともなく稚葉が現れた。

野良猫キャリアが長かっただけに、未だに他人に自分の体を手入れしてもらうことに抵抗があるようだが、このファーミネーター掛けに限ってはスタンスが違うらしい。



20160813_猫の毛4

自ら率先して背中を差し出してきた。

ペットに帰化すると、こうして暑い時期に残った冬毛でムズムズしていれば、ブラッシングで取り除いてもらえるという利点にようやく気付いたようだ。



20160813_猫の毛5

よほど気持ちいいのか、喉をゴロゴロ言わせながら俺の手に体をこすり付けてくる。
嬉しいのは分かるが、逆にブラシが掛けづらくなっているのだが。

女の子なので、身だしなみには人一倍気をつかわなければならないのだ。



20160813_猫の毛6

こうしてファーミネーターにより取り去った3匹のアンダーコートたち。
夏の暑い時期に、こんな毛皮を着ているのだから、そりゃ辛いだろう。

どの毛が誰のものか、お分かりだろうか。



20160813_猫の毛7

答えはこう。

同じ時間ブラッシングをしても、寿喜だけいつも少なめなのだが、元々アンダーコートが少ない猫なのだろうか。



20160813_猫の毛8

こうして、アンダーコートを “キャストオフ” したことで、人間で言うところの “衣替え”、爬虫類で言えば “脱皮” が終了した猫たち。

風が当たる感触も異なるようで、しばらくは気にしていた。



20160813_猫の毛9

しかし、体感温度は下がったことだろう。
陽が落ちてからも、気持ち良さそうに夜風を浴びながらくつろぐ猫たち。

フローリングの冷たさも感じられるようになったのか、大好きな箱にも入らない。



20160813_猫の毛10

そんな中、稚葉だけはウマが合わない寿喜になんのかんのと因縁を付けていた。
寿喜は、まったく相手にしない。



20160813_猫の毛11

結局、根負けしてそのまま一緒になって眠りに落ちていく稚葉。

元来、猫という生き物は暇さえあれば自分で毛づくろいをしているので普段は放置しているのだが、夏前あたりからはちょいちょい人の手も掛けてゆくのだ。



20160813_猫の毛12

そうそう、こいつの毛も少し対策しなければ・・・・・

我が家でもっとも豪華でボリューミーな毛皮を着ている真熊。
見るからに暑そうだ。





ランキングに参加しています。 更新の励みに一日2ポチお願いします ―――




背中のチャックを開けて中身を外に出してあげたい。



人気ブログランキング

少しは涼しくなっただろう。 これで夏を乗り切ってくれ。



【今日の一言】

今回の五輪はメダルラッシュで毎日感動しっぱなしですな! 頑張れニッポン!
 

| 日常 | 10:17 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |