FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

稚葉の病院奮闘記

木曜日に、こんにちわ。

勝ち星を計算できる投手が菅野一人しかいないし、相変わらず打者は打てないしで、それでも勝率5割以上をキープできてること自体が奇跡なんですよ。 巨人の話です。 局長です。



――― さて、昨日のつづきで、4月半ばのある週末のお話。


20160526_稚葉の注射1

犬飼いにとっての毎年恒例の行事でもある狂犬病の予防接種を終えた俺と、その注射を打たれた真熊。

その次に診察台に乗るのは、重たい空気のもとスタンバイしていた我が家の紅一点、警戒心の塊(かたまり)である稚葉。



20160526_稚葉の注射2

過去にここで、恐怖のあまり脱糞までしてしまったことがあるだけに、稚葉にとってはちょっとしたトラウマなのだろう。

とにかく坊主頭の先生を見ては怯えていた。



20160526_稚葉の注射3

それでも、有無を言わせずに聴診器での診察が始まる。

野良猫キャリアが長かっただけに、病院という環境にもまったくと言っていいほど慣れない。
恐怖のスポット以外の何者でもないらしい。



20160526_稚葉の注射4

聴診器を当てられているお腹を、「伏せ」してディフェンスしようとしつづける。
先生にとっても、面倒なクランケ(患者)だと思う。



20160526_稚葉の注射5

さらには、すでに注射が終わって傍観していた真熊にまで八つ当たりを始める。

手に負えないギスギスぶり。
真熊にとっても、とんだトバッチリだ。



20160526_稚葉の注射6

触診など一通りの診察を終えたところで、猫たちの年に一度の恒例行事、8種混合ワクチン接種。

これまた注射の痛みをまったく感じなかったらしく、何も気付いていなかった。
それはそれで良かった良かった。



20160526_稚葉の注射7

これにて稚葉のお勤め終了。

最近では我が家一番の甘えん坊になっていたため、捕獲するのは拍子抜けするほど簡単だったのだが、やはりイレギュラーな環境への対応力は低い。



20160526_稚葉の注射8

ちなみに、家の中ではこの有り様だ。
俺がパンイチでいても、常に足元にポジショニングしている。



20160526_稚葉の注射9

寝室で寝ていても、ソファでくつろいでいても、必ずお腹の上には稚葉がいるのだ。
3年掛かって、ようやく甘えるようになってきたのだが、それが極端すぎる。



20160526_稚葉の注射10

ということで、我が家に来て3年が経過した稚葉は、相変わらず動物病院は大嫌いだが、ようやく女の子らしく甘えることができるようになっていたのであった。





ようやく飼い猫らしく甘えてくるようになってきた稚葉の病院奮闘記に ―――




「お疲れ元野良猫!」的な労いのクリックを。



人気ブログランキング

とはいえ他の2匹と比べると、やはり警戒心は強い。



【今日の一言】

マイコラス、早く戻ってきてくれ! 3割打てるバッターも現れてくれ! 巨人の話です。
 

| 稚葉 | 01:38 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |