FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

真熊の誕生日祝い

お待たせしました、こんにちわ。

熊本の皆さま、今日中に70万食の食料を届けると政府が発表していました。 もう少しだけ凌いでください。 何よりも早く余震が収まりますように。 局長です。



――― さて、本日は 『京都で会いましょう』 レポートをワンブレイク。


20160417_誕生日祝い1

当企画から無事に帰還した日の夜のお話を。

つまり、4月5日(火)。
帰宅して、すぐに仕事へ行って、そして帰宅してからのこと。

もはや、ランナーズハイのような空元気の状態だった俺。



20160417_誕生日祝い2

とはいえ、これだけはやり遂げなければと心に誓っていたことを決行した。
真熊の誕生日祝いである。

京都でいろいろな人に遊んでもらったことが、もう十分にご褒美になっていたような気もするが、ちゃんと自分の手でも祝ってあげなければと思っていたのだ。



20160417_誕生日祝い3

ということで、仕事の帰りにコレを買ってきた。

時間も遅かったせいかケーキが売っていなかったので、カップのプリンパフェを。
昨今の犬たちは贅沢になったもんだと毎年ながら思う。



20160417_誕生日祝い4

プリンパフェの写真を撮り終えたところで、真熊が食べられるサイズに細かくする。

さっきから美味しそうな匂いばかり嗅がされながら、一向に食べさせてもらえない状況に、もはや我慢も限界に達し始めている真熊。



20160417_誕生日祝い5

満を持しての「ヨシ!」と同時にお皿の中に顔を突っ込む真熊。

おそらく呼吸すらしていないだろう。
味わうこともなく、無我夢中に喰らい付いている。



20160417_誕生日祝い6

そして、一瞬でなくなる。
俺も最初に試食してみたが、犬用にしてはそこそこ甘かった。

なかなかの量だったので、とりあえず三等分して与えたので、まだ2セット分は残っている。



20160417_誕生日祝い7

ブログ用の写真を撮るためだけに第2セットもジラされる真熊。

ここまで必死な顔をされると、かえってさらに引っ張りたくなってしまうのが人の性(さが)。
「目は口ほどにものを言う」とはよく言ったもので、本当に目で訴えてくる。



20160417_誕生日祝い8

やはり2セット目も「ヨシ!」の合図と同時に一瞬でなくなった。

ちゃんと味わっているのだろうか。
いや、潔いまでの丸飲みだろう。



20160417_誕生日祝い9

2セット目も一瞬で食べ終わり、3セット目までのインターバルへ。

その間に口の中に残るパフェをきれいに飲み込もうとしている真熊。
口の周りが実に汚い。



そして、第3セット目の準備が完了したところへ ―――


20160417_誕生日祝い10

まさかの外敵が。

真熊だけ何か美味しそうなものを食べている姿を遠巻きに見つめていた稚葉だ。
2セット目までは、チャンスのタイミングを窺っていたのだろうか。



20160417_誕生日祝い11

真熊が「待て」をさせられるタイミングを見計らって、見事にスティールしてきた。

実にしたたかだ。
伊達に長年にわたって野良猫をしてきたわけではないらしい。



20160417_誕生日祝い12

俺が写真を撮っている間も、まるで悪びれた様子もなくパフェを食べつづける稚葉。
肝が据わっている。



20160417_誕生日祝い13

その後、稚葉を退場させると、写真を撮る間もないくらいにマッハで3セット目を食べ尽くしてしまった真熊。

外敵の存在が、危機意識を一層強くさせたらしい。
そんなこんなで、今年も真熊の誕生日祝いは無事に終了したのだった。





京都に遠征していたこともあり、3日遅れになってしまった誕生日祝い ―――




9歳の誕生日も美味しいスイーツを食べられて満足な真熊。



人気ブログランキング

今さらだけど、「おめでとう!」のクリックをお願い!



【今日の一言】

雨が止んで晴れてきたけど、風だけは台風のように強いままだ・・・・
 

20160416_仙台バナー
 

| 真熊 | 15:03 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ