FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

プチ撮影会 Vol.2

新しい週に、こんにちわ。

あの怒涛の京都・奈良弾丸ツアーから一週間。 昨日はなぜか9時には起きてしまい、たまりにたまっていた洗濯物と格闘しながら、掃除などの家事に追われていました。 局長です。



――― さて、本日も 『京都で会いましょう』 企画のレポート続編を。


20160411_プチ撮影会1

マ人” 氏により、ピラニア犬 “マリィ” のカートに無理やり乗せられてプチ撮影会を強制させられていた真熊だったが、ようやく解放されたのも束の間、またも別のカートに乗せられていた。



20160411_プチ撮影会2

遅れてやって来た京都府民、“ちゅーちゃん” とそのファミリーだ。

これまで “サザオフ” などで何度となく会っている “雷”・“雪”・“霙” という、まるで寿司屋の湯呑みに魚ヘンの漢字が羅列されているかのように、「雨」冠の漢字でこちらの間違えを誘っているかのような名前の3匹。



20160411_プチ撮影会3

すると、真熊がこのカートにインされたことに気付いた人たちにより、まさかの “プチ撮影会2セット目” が開始されたのだった。



20160411_プチ撮影会4

4匹そろってカメラに目線を送る姿を、横から捉えた写真。

しかし、この4匹の目線が向けられたはずのカメラによる写真が俺の手元には届いていない。
誰のカメラに向けた目線だったのだろう。



20160411_プチ撮影会5

2セット目にも関わらず、きっちり笑顔とカメラ目線を送りつづけるプロフェッショナルの仕事を見せる真熊。



20160411_プチ撮影会6

「京都の皆さま、こんにちわ」

まるで “名刺代わりのカメラ目線” の如く、被写体としての責務を果たす。
それでこそ、ポメラニアン神奈川県代表を勝手に背負って、ここへ来ているだけある。



20160411_プチ撮影会7

そうかと思えば、鳩が豆鉄砲を食らったような顔も見せる。
しかも、4匹そろって。



20160411_プチ撮影会8

でも、すぐに笑顔にカムバック。

動きもしないカートに乗せられているだけなので、決して面白いことなど何一つないはずなのに、こんなに自然な笑顔を見せるなんて・・・・・



20160411_プチ撮影会9

いつの間にやら人を喜ばせる “ツボ” のようなものを心得てしまっており、なんとも “したたか” に育ってしまっているらしい真熊。



20160411_プチ撮影会10

カメラを向けられた瞬間に笑顔になる「やり手アイドル」を思わせる姿だ。

それはそうと、この “みりん” さんの写真は、犬たちの表情に趣があって面白い。
なんとも言えない、様々な表情が収められている。



20160411_プチ撮影会11

ようやくプチ撮影会の2セット目が終わり、カートから抱きかかえられる真熊の横で地味に起こっていた、残った犬たちの小競り合いなんかも収められているのだ。

実に味がある写真たち。



20160411_プチ撮影会12

そういえば、ちゅーちゃんが撮った写真にも面白い1カットが。

マリィとのプチ撮影会1セット目のひとコマだが、珍しく目を見開く真熊の姿が。
必死にカメラ目線を送ろうと努力してくれていたのだろうか。


つづく・・・・・





まさかのプチ撮影会2セット目も、きっちり対応する真熊のプロ根性に ―――




「いい仕事してるじゃん!」 みたいな労いクリックを。



人気ブログランキング

どうにも人と遊ぶことができない真熊のジレンマ・・・・



【今日の一言】

日本バドミントン協会、21歳の若僧にしっかり教育しなかったことも反省すべきだ・・・
 

| 会いましょう企画 | 02:40 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |