FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

プチ撮影会 Vol.1

日曜日に、こんにちわ。

賭博問題に揺れた巨人の開幕戦で始球式を務めた男子バドミントンの桃田が今度は自身の賭博問題で、この接点のなかった2つが意外な形でつながるなんて。 局長です。



――― さて、本日も 『京都で会いましょう』 企画のレポート続編を。


20160410_撮影会続き1

京都御苑で多くの読者さんと合流した俺と真熊。

枝垂桜と他に2本くらいの桜が並んでいるスポットを見つけたので、レジャーシートを敷いて陣取り、ようやく腰を下ろすことができた。



20160410_撮影会続き2

大喜びで読者さんたちを順番に回っては、背中をかいてもらったり、なでてもらったりして満足げな真熊。

このイベントが、ちょっとした誕生日祝いを兼ねているとも知らずに、単純に楽しそうだ。



20160410_撮影会続き3

そんな挨拶回りを喜んでいた真熊だったが、急に連れ去られてカートに乗せられてしまった。

隣にはパピヨンとピラニアの混血犬 “マリィ” 。
人間を見ると見境なく噛み付く、スッポン以上に危険な生き物である。



20160410_撮影会続き4

この危険極まりない生き物に、世界中でもっとも多く噛まれているのが、この “マ人” 氏。

おやつの入ったタッパーをガラガラと鳴らしてはカメラ目線をゲットしようと奮闘中。
シャッターを押すその手は、噛み痕などの生傷が絶えない。



20160410_撮影会続き5

逃げ場のないカートに乗せられてしまったことで、完全に動きを封じられてしまった真熊。
すると、どこからともなくギャラリーが増えてきて、またもちょっとした撮影会が始まる。



20160410_撮影会続き6

こちら、真熊たちに向かって右サイドから撮影した “みりん” さんの写真。

【評価】 ★★★★☆

【局長解説】
構図・表情とも申し分ないが、マリィの目に掛かってしまった毛だけがマイナスポイント。



20160410_撮影会続き7

このプチ撮影会を画策した本家、マ人氏が2匹を正面から捉えた作品。

【評価】 ★★★☆☆

【局長解説】
2匹のカメラ目線を同時にゲットできたことは素晴らしいが、構図にもう少し工夫が欲しかった。



20160410_撮影会続き11

最後は、みりんさんと同じく右サイドからの撮影となった “みにも” さんの作品

【評価】 ★★★☆☆

【局長解説】
真熊の表情は趣があるが、全体的にピントが甘く、コントラストも緩いのが残念。



20160410_撮影会続き12

・・・・と、せっかく撮影会が実施されたので、頼まれてもいないけど解説を入れてみた。

今回は5つ星を獲得できたカメラマンがいなかったので残念ながら賞品はないが、次回は是非とも俺の解説を参考に、さらなる奮闘に期待したい。



20160410_撮影会続き8

そして、ようやくプチ撮影会が終わり自由の身になった真熊は、再び笑顔全開で読者さんめぐりに精を出す。



20160410_撮影会続き9

かなり早い段階で合流してくれた “漣” と “ラフィーク” が、なかなか面白い表情を見せてくれていた。

2匹とも、こじんまりした小さめの可愛いポメラニアンだった。



20160410_撮影会続き10

その間、俺は公式Facebookで現在の所在地などを投稿していた。
来てくれた読者さんたちが大騒ぎしている横で、実はあれこれ忙しくしていたのだ。


つづく・・・・・





カートという逃げ場のない場所でひたすら撮影会に対応する真熊とマリィ ―――




「いいぞプロ根性!」 の激励&労いクリックを。



人気ブログランキング

きっと早いとこ降りて人と遊びたいんだろうけど・・・・



【今日の一言】

男子で世界ランク2位なんて史上初だけに、彼にもう一度だけチャンスを・・・・
 

| 会いましょう企画 | 12:09 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |