FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

人のいない公園

こんにちわ。

今日はひな祭りですよね、俺にはまったく縁のないイベントですが。 局長です。
この寒さで、この花粉。 春本番になったときのことを想像すると、もはや恐怖です。



――― さて、本日は “つのだ☆リフォーム” レポートを一旦お休み。


20160303_公園探訪1

といっても、あと2話くらいしか残っていないリフォーム奮闘記。
いずれにせよ、この週末には終焉を迎えるのだ。

その前に、つのだ☆リフォームの翌週、2月21日(日)のお話のつづきを。



20160303_公園探訪2

ネットで見付けた初めての公園にやって来た俺と真熊。

20数台分しかない駐車場に停めるまで、かなり待たされたというのに、いざ園内に入ってみるとまったく人がいないことに驚いてしまう。



20160303_公園探訪3

歩を進めた先には池が広がっていたのだが、その前にはこんな案内サインが。

この公園内には、キツネからタヌキ、さらにはイタチにヘビまでいるらしい。
なんてオールインワンな公園なのだろう。



20160303_公園探訪4

タヌキとのコミュニケーションには慣れている真熊だが、キツネやイタチに出くわした場合のシミュレーションはできていない。

そんな俺の心配など知る由もない真熊は、池を見て楽しそうにしている。



20160303_公園探訪5

果たしてどれくらい広い公園なのか。
何か楽しめるポイントはあるのか。

まだこの公園のポテンシャルを把握できていないため、期待のほうが大きそうな真熊。



20160303_公園探訪6

それにしても、人っ子一人いない園内。
駐車場待ちしていた人たちは、一体どこへ消えたのやら。



20160303_公園探訪7

よその人と遊ぶことができない。
真熊にとって、もっともテンションの下がるこの状況は、やはりそれまでの笑顔を曇らせる。



20160303_公園探訪8

このままでは、またも “開いているか閉じているかも分からないような目” になってしまいそうなので、ひとまず少しでも人が多そうな場所へ移動することに。



20160303_公園探訪9

いわゆるニュータウンでもあるこのエリアには、戸建ての住宅はほとんどなく、どの方向を見渡してもマンション群しか目に入らない。

つまり、住んでいる人口は多いはずなのだが、何ゆえこの閑散ぶりなのか。



20160303_公園探訪10

ひとまず先ほどの、階段を下りる前の場所に戻ってみた。

遠くをよく見ると、散策っぽく歩いている人や、健康のためのウォーキングをしている人はチラホラ散見される。



20160303_公園探訪11

すると、この日2匹目の犬に遭遇。

真熊の一つ上、9歳のミニチュアピンシャーの男の子だ。
温厚な子だったのだが、なぜか真熊と2匹、驚くほどノーリアクションで対峙するのみだった。





つのだ☆リフォーム記事じゃなくてガッカリしている人が多いかもしれないが ―――




これがペットブログの本来の姿なんですよ。



人気ブログランキング

忘れてしまった人も多いかな? コイツ真熊といいます。



【今日の一言】

なでしこジャパン、かつての強さが感じられませんね。 どうしちゃったのやら・・・・
 

| 公園探訪 | 06:55 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |