FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

日向ぼっこ日和

こんにちわ。

いよいよ花粉が猛威を振るい始めましたね。 マスクの人が増えました。 局長です。
幸いまだ鼻水は出ず、目のかゆさだけに苦しんでいます。 今年は多そうです。



――― さて、一昨日の日曜日の我が家の様子を。


20160223_日曜日4

前夜の大雨が嘘のように朝から快晴に恵まれたこの日。
でも、雨の翌日は地面に湿気が残っていて布団を干せないのがストレスだったりする。

とはいえ太陽光がもったいないので、真熊を庭に連れ出した。



20160223_日曜日5

庭先から室内を見てみると、全身で太陽光を受け止めようとしている猫の姿が。

実はお腹面はけっこう白い稚葉。
野良猫時代はアスファルトの上でこうしていたのだろうが、今ではフローリングの上だ。



20160223_日曜日6

気持ちよさも手伝って、女子としての身だしなみを整えたくなったのだろうか。
おもむろに手を舐め始めて ――



20160223_日曜日7

頭から顔までをカキカキ。
猫はこうして、自分の手を舐めては、それで顔をこすって “洗顔” するのだ。

もう片方の手は、肉球を窓に当ててしっかりバランスを取っている。



20160223_日曜日8

さらに、脇の下までカミカミ。

しかも、その後方にはマネージャー(兼)ボディガードのようなヤツが控えている。
石像の如く背景に馴染み過ぎてて、うっかり見落としてしまいそうだ。



20160223_日曜日3

真熊は、しばし庭を動き回っていたが、もう飽きたらしい。

珍しく俺に相手をしてほしそうに、こちらの様子を伺っている。
いや、単にお出掛けの催促だろうか。



20160223_日曜日2

しかし、この日は天気も良く暖かかった。

確か、その前の週末も春の陽気だったと思うが、まるでお天道様が「You、どこかへ繰り出しちゃえばいいじゃん」と言っているかのようだ。



20160223_日曜日9

稚葉は身だしなみ(毛づくろい)も無事に終わったらしく、後ろに控える「お付きの者」に話し掛けるリラックスぶり。

寿喜とは毎日小競り合いを繰り返しているのに、なぜか稚葉には寛容なストレス猫にいな。
やはり猫でも相手が女子だと気持ちのゆとりが違うのか。



20160223_日曜日10

一方、女子の稚葉からすると、にいなと寿喜とでは何が違うのだろうか。

寿喜とはすれ違いザマに猫パンチの応酬をし合うほど仲が悪いのに、にいなにはこの懐きようだ。
オジサン好きなのだろうか、人間で言うところの。



20160223_日曜日1

真熊は、「お出掛けするか!」という言葉がいつ発せられるかと、俺の口元を凝視している。

このまま冬は終わってくれるのだろうか。
スギ花粉さえなければ、一日も早く春になってほしいものだが・・・・





全身で太陽を受け止めて光合成しようとする猫たちに愛のクリックを ―――




俺も一日中こうして日向ぼっこしてみたい・・・・



人気ブログランキング

後日綴るけど、真熊はこの後少しお出掛けしました。



【今日の一言】

月9ドラマを観ると、集中し過ぎているのか、その後で必ず睡魔に襲われるんです・・・・
 

| 日常 | 07:29 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |