FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ガチ貸切なのかセルフ化なのか

週の真ん中に、こんにちわ。

「今年は暖冬」なんて思っていたところに、むしろ例年以上の寒波がいきなりやって来たおかげで、日本列島全体が踊らされている感じですよね。 毎日寒くて辛いです。 局長です。



――― さて、先日の日曜日、つまり1月24日のお話。


20160127_スマイリー始め1

前日の土曜日を、なぜか終日寝て過ごしてしまった悔いもあり、朝から一週間分の洗濯やら掃除に勤しんでいた俺。

すべてがひと段落ついた17時過ぎに、急いで真熊を愛車の助手席に放り込んで、俺はある場所へと疾走した。



20160127_スマイリー始め2

30分後、俺と真熊はとあるお店のテーブル席に向かい合って座っていた。

「週に一度は真熊をお出掛けに」。
この自らに課しているノルマは、2016年も不変の約束となるだろう、きっと。



20160127_スマイリー始め3

俺と真熊が到着したのは、ここ。

そう、行き付けのドッグカフェ 『Smiley Smile』(スマイリースマイル)だ。
つまり、これが待ちに待った “スマイリー始め” となる。


用語説明  【スマイリー始め

行き付けのドッグカフェ 『Smiley Smile』 への年内最初の訪問のこと。
年内最初の出勤日である “仕事始め” と同じニュアンス。

使用例) 「どうなの? 今日あたりスマイリー始めしちゃう?」



20160127_スマイリー始め4

これまで、2回ほど今年の「スマイリー始め」を試みたものの、なぜかピンポイントで休業日にぶち当たるという不運に見舞われてしまい、1月も末になったこの日にようやく叶ったのだった。

が、しかし・・・・・・



20160127_スマイリー始め5

誰もいない。

前回来たとき(スマイリー納め)には、あまりにお客さんで混み合い過ぎていて、隣の真っ赤な部屋に通されたというのに、なんだこの客足のバラつきは。



20160127_スマイリー始め6

それだけではない。 “店長” すら姿が見えないのだ。

ついに人類の英知の如きシステムでも導入して無人化を実現したのか。
もしくは、ストレスが溜まってボイコットでもしているのか。



20160127_スマイリー始め7

お店の入口から入ると自動的に鳴るチャイムにも反応せず。
「数分前から入店してるよ」と送ったLINEも “既読” にならず。

真熊も、「店長すらいない」という初めての出来事に、あきらかに動揺している。



20160127_スマイリー始め8

あるいは、いよいよドッグカフェも「セルフ」の時代が到来したのか。

ガストのドリンクバーから始まり、ガソリンスタンド、ラーメン二郎のお冷・・・・・
セルフサービスの波は、業界をまたぎながら、留まるところを知らないというのか。



20160127_スマイリー始め9

そうこうしている間に、入店してから15分が経過。

こりゃ本当にセルフサービス型のカフェに移行したと考えるべきなのか。
それとも、頼んでもいないのに「ガチの貸切」にしてくれたのか、店長業も含めての貸切に。



20160127_スマイリー始め10

答えは出ぬまま、ただ時間だけが過ぎていくのであった。

真熊は退屈過ぎて眠気をもよおし、俺は写真を撮るのも飽きてきてスマホをイジる。
ひょっとして、これが「神隠し」というやつなのだろうか、なんて考えたりもしていた。


つづく。



【以下、別件バウアー】


20160127_ツナヨシ

昨日、「熊猫犬オフ会」や「大阪は鶴見緑地で会いましょう」に参加いただいている “まぁ” さんからの連絡で初めて知ったのだが、上記ポータルサイト 『TSUNAYOSHI』 に当ブログがランクインされていた。

嬉しいのだが、俺についての紹介文が・・・・・
ちょっと「さらし者」的な気分でやんす。





お店の営業権も含めた貸切なのか、新手のセルフサービスなのか ―――




待てど暮らせど俺と真熊だけの時間と空間にクリックを。



人気ブログランキング

せっかくここに来たのに、なぜか俺と二人きりという現実・・・・



【今日の一言】

先週から、かなりの確立で毎朝水道管が凍ってしまう。 寝ぐせも直せない。
 

| ドッグカフェ | 02:37 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |