FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

過去最悪のパフォーマンス

日曜日です、こんにちわ。

昨日の土曜日にずっと寝続けてしまったおかげで、完全に昼夜逆転しています。
先週は別に激しく体力を消耗した覚えもないのですが・・・・ 局長です。



――― さて、先日終わったはずのドッグラン・レポートには、実はつづきが。


20160124_カフェ1

同級生女史の親族が運営するドッグラン 『チビクロハウス』 。

この日は人も犬も多かったこともあり、後先考えずに大はしゃぎで動き回ったため、後半は完全に電池切れとなってしまった真熊。



20160124_カフェ2

その帰り道、あるお店へと寄ってみた。

「今日こそ “スマイリー始め” をするぞ!」と思っていたのだが、ネットで調べてみるとこの日もまさかの休業日。


用語説明  【スマイリー始め

行き付けのドッグカフェ 『Smiley Smile』 への年内最初の訪問のこと。
年内最初の出勤日である “仕事始め” と同じニュアンス。

使用例) 「どうなの? 今日あたりスマイリー始めしちゃう?」



20160124_カフェ3

先日の初詣の日といい、なぜかピンポイントで休業日と当たってしまう。

そのまま帰宅しても良かったのだが、ちょっと小腹が減っていたこもとあったのでどこかへ寄りたかった俺は、再びネット検索。



20160124_カフェ4

「そういえば、あのお店って行ったことなかったな」
という気になるお店を思い出し、急遽やって来たのが、この 『わんのわ』 というお店。

室内ドッグランやら、犬の保育園やら、複合的なお店らしい。



20160124_カフェ5

席に着くと、某 “家政婦” ばりに物陰からこちらを見つめる視線に気付いた。

看板犬らしいが、人見知りがすごいらしい。
とくに、男の人が苦手とのこと。



20160124_カフェ6

カフェに連れてくると、発狂しているのかというくらい大喜びする真熊だが、この日は完全にノーリアクションだった。

むしろ、「家に帰りたかったのに・・・・」と迷惑そうな顔を見せる。
どうやら、「チビクロハウス」で完全に体力を使い切ってしまったらしい。



20160124_カフェ7

そんな真熊を尻目に俺はパスタをオーダー。

残念ながら、犬用のメニューはなかったのだが、真熊はここでもノーリアクション。
いつもみたいに “高速ガリガリ” でおねだりする気力も残っていないようだ。



20160124_カフェ8

そうこうしていると、前回「チビクロハウス」でお会いした “ロペ” くん父子がやって来た。

ちょいちょい室内ドッグランを利用しているらしい。
運動量の多いボーダーコリーゆえに、たくさん遊びに連れて行ってもらっているらしいロペくん。



20160124_カフェ9

一方、先ほどの看板犬の “オディール” は、ギリギリの距離まで近付いてくるくせに、絶対に触らせないという思わせぶりなアプローチを繰り返す。

アウトボクサーの “ヒット&アウェイ” を思い出す。 ヒットもされてないけど。



20160124_カフェ10

スタッフさんが「大丈夫よ」と後押しするも、結局この日、俺が触れることはなかった。

そんなことより、真熊の不甲斐なさに俺は失望していた。
スタッフさんが来ても、笑いもしなければ甘えもしない。



20160124_カフェ11

あの “社交性の塊(かたまり)” との呼び声高い真熊が、大した爪痕すら残せないどころか、単に「やたら大人しい犬」という印象だけを与えてしまったのだ。

まさか、そこまでキッチリ体力を使い切ってしまうなんて。



20160124_カフェ12

結局、過去のドッグカフェめぐり史上、最悪のパフォーマンスしか見せられず、大した印象も残せないままお店を後にすることに。

本当はもっと元気な犬なんですよ、お店の方々・・・・・





「ペース配分」という概念がなく、電池残量がゼロになってしまった真熊 ―――




せっかくのカフェを楽しめなかった彼に哀れみのクリックを。



人気ブログランキング

ここまで疲れてしまうなんて、やっぱり歳とったんだな・・・・



【今日の一言】

購買運動の成果で、カウントダウンTVの「ダウンロードランキング」にSMAPの曲が数曲。
 

| ドッグカフェ | 04:02 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |