FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

笑いっぱなしドッグラン

週の真ん中、こんにちわ。

昨夜はやたらと寒かったですね。 東京でも初雪観測とか。 寒がりの局長です。
今年は暖冬だからと未だにスタッドレスタイヤを履いてないので、まだ困るのです。



――― さて、昨日のつづきで、祝日だった月曜日のお話。


20160113_チビクロハウス1

遅ればせながら、真熊の “2016年お出掛け始め” を敢行したのだった。

やって来たのはここ。
そう、毎回説明コピーが長くなるが、「昨年末に初めて訪れてみたら偶然にも仲のいい同級生女史が運営に参画していたドッグラン」だ。



20160113_チビクロハウス4

チビクロハウス』 という住宅地のど真ん中にあるドッグラン。

しばらくすると、オーナーさんが出てきた。
(それよりも、後方に写り込む “イタ車” に目が行ってしまうが・・・・)



20160113_チビクロハウス5

「大喜び」を通り越して、狂喜乱舞のようなテンションに達してしまう真熊。

前回は人も犬もいないわ、暖冬なのに寒いわで、只々寂しげな空間に映ってしまった当ドッグランだったが、この日は打って変わって犬たちでごった返していた。



20160113_チビクロハウス2

基本的にはチワワが少し苦手な真熊なのだが、さすがにチワワがこんなに大勢いるとなると、そんな悠長なことは言っていられない。

杉林をハイキングしながら「自分、花粉症なんすよ」なんて言うことに等しい。



20160113_チビクロハウス3

しかし、この日のチワワたちはみんなコンパクトな子ばかりだったので、毛量の多い真熊が必要以上に大きく見えてしまう。

ビーグルとチャウチャウくらいの比率に見えはしないか。
分かりにくい例えだけど。



20160113_チビクロハウス6

そうこうしていると、またも新たにポメラニアンが来客。

“はな丸” くんという8ヶ月の男の子。
現在、社会化訓練としてドッグランでの場数を踏んでいるところらしい。



20160113_チビクロハウス7

こんなにたくさんのポメラニアンが一同に会するなんて、嬉しい偶然だ。

ときに、この子は何をしているのだろう。
踏ん張っているのだろうか、もよおして。



20160113_チビクロハウス8

その後こんなにスッキリとして、さらに何か勝ち誇ったような表情を浮かべているところを見ると、やっぱり踏ん張っていたのだろうか。

みんな個性があって面白い。



20160113_チビクロハウス9

笑顔が絶えない真熊。

年が明けてからというもの、家にいる間はまったくと言っていいほど笑いもしなかった。
仏頂面を10日間も見せられていた俺にとっても、少し安堵したくらいだ。



20160113_チビクロハウス10

といっても、実はこの前夜に「今年の初笑い」を済ませてしまっているのだが・・・・・
それは、また後日に。

とにもかくにも楽しそうだ。



20160113_チビクロハウス11

こうして、ポカポカ陽気の中、笑いが止まらない様子で走り回る真熊であった。

つづく・・・・





人も犬も多くて、テンションを高位置でキープしている笑顔全開の真熊 ―――




楽しそうに走る真熊の姿に微笑みとクリックを。



人気ブログランキング

正月、家でじっとしていた鬱憤を晴らしていたのかな。



【今日の一言】

この日の真熊の服についてのコメントがあったが、確か2014年の「駒沢公園で会いましょう」企画のときに “クッキー&ちゃちゃ” さんに戴いたものだと思うのだが・・・・・
 

| ドッグラン | 01:29 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |