FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

不貞腐れベランダ時間

三が日の最終日に、こんにちわ。

なんとなく毎年お正月は天気がいいですね。 動物たちも寝っぱなしです。 局長です。
俺は自宅でよく飲み、よく食べ、よくパソコンに向かい・・・・・、そんな毎日です。



――― さて、とくにネタもないので、昨日の夕方の我が家の様子を。


20160103_寿喜1

夕方、といっても15時半頃、どうしてもベランダに出たいとうるさい寿喜を出してやった。

このクソ寒い時期に、何を好きこのんで自ら外に出たがるのか。
にいなも稚葉も暖房のきいたリビングで丸くなっているというのに。



20160103_寿喜2

なぜか決まって一階の軒であるトタン屋根に出たがる寿喜。

これが稚葉の場合、普通に梅の木を伝って脱走してしまうので要注意なのだが、同じ野良猫出身の寿喜は何も心配いらないセイフティー猫だ。



20160103_寿喜3

途中、いろんな狭い場所に入りたがる。
寒くないのか、いくら毛皮を着込んでいるとはいえ。



20160103_寿喜4

その後も15分以上にわたって梅の木の枝に首元をスリスリしたりと楽しむ寿喜。

さすがに待っている俺が寒くなってきたので、寿喜を呼び戻す。
「コト~~~、部屋入るぞ! 戻れ!」



20160103_寿喜5

不思議と呼べばやって来る寿喜。
この辺りは犬っぽい。

何やらブツブツ文句を言いつつも、ちゃんと戻ってきた。



20160103_寿喜6

・・・・・が、そのまま俺を通過して “定位置” でもある手すりの上に飛び乗る。

寿喜はここが大好きのようだが、俺にとっては落っこちないか毎回ヒヤヒヤものである。
「こらコト! 危ないから降りろ、そこ!」



20160103_寿喜7

下手に抱き上げると、寿喜が無意識にすり抜けようとした拍子に落下してしまう恐れもあるので、無理には降ろせないのだ。

「危ないから、そこに乗るなって言ってんだろ! お前は」



20160103_寿喜8

逆ギレ・・・・・

お気に入りの場所での黄昏タイムを邪魔されたから怒っているらしい。
そんな場所で、うっかりうたた寝なんかされたら危ないったりゃありゃしないってんだ。



20160103_寿喜9

怒り顔のまま、不貞腐れて降りてくる寿喜。

なんのかんの言いつつも、ちゃんと言うことを聞くところが手間の掛からないヤツなのだ。
顔がまん丸だけど。



20160103_寿喜10

そして、これは先ほどの真熊。

今年はまだ一度も笑顔を見せてくれてはいない。
初笑顔はいつになることやら。





2016年はなぜか誰も笑顔を見せない我が家の動物たちにクリックを ―――




こんなに分かりやすい不貞腐れ顔をする猫っているのか・・・・



人気ブログランキング

昨日の「全コメントお返事企画」、えらく疲れました。



【今日の一言】

箱根駅伝、青山学院大学が圧倒的な強さですな。 何が違うのやら・・・・
 

| 寿喜 | 12:05 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |