FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

徹底したスマイルレス

こんにちわ。

今日を頑張ればまたもお休み。 ビバ飛び石連休。 局長です。
もはや気持ちが年末のお休みモードになっちゃいますよね。 困っちゃいます。



――― さて、昨日のつづきで、一昨日の日曜日のお話。


20151222_笑顔レス1

前日のオールによる激しい二日酔いを必死に我慢しながら、真熊を “ラーメン二郎の少し先にあるドッグカフェ” に連れてきたのだった。



20151222_笑顔レス2

俺のテンションにシンクロしてしまったのか、せっかく辛い中で連れてきてやったのに、笑顔の一つも見せない無表情の真熊。

後ろに写り込むX'masツリーが余計に虚しさを強める。



20151222_笑顔レス3

真熊のためにオーダーした “なんこつ入り肉団子” も食べ終わってしまったことで、もはや何も楽しむべきことはなくなってしまったのだろう。

俺にもお店にも “用なし” ということか。



20151222_笑顔レス4

倦怠期のカップルでさえ、もう少し世間の手前、楽しそうに振舞うものだろうに。

きっとお店のスタッフたちも、「何しに来たんだ、こいつら」って思ったに違いない。
ここまで無表情な犬なんて、そうそう来ないだろう。



20151222_笑顔レス5

その後もとくにお互いに干渉し合うこともなく、ただ時間が流れていく店内。

真熊は証明写真のように同じ無表情を保持している。
もしくは、デスマスクのように。



20151222_笑顔レス6

他にすることもないので、とりあえず上から撮影したみたら、シッポ側がすぼんでいて、完全にアザラシのフォルムになってしまったりした。

だからといって、今さら驚きもしないのだが。



20151222_笑顔レス7

そういえば、このお店はお客同士のコミュニケーションがあまりない。
この日も我々の他に2組ほど来店していたが、各々のんびりと過ごしていた。

いや、恐らく大抵のお店がこういう雰囲気なのだろう。



20151222_笑顔レス8

こういった静かなお店に来るのであれば、ポエムの一つも書けるように、ノートと万年筆を持ってくるべきだったなと後悔したりもした。

きっと “相田みつを” バリの素敵な詩が書けただろうに。



20151222_笑顔レス9

といった感じで、最初から最後まで “鉄仮面” の如き無表情を見せ付けていた真熊であった。





家を出てから再び帰宅するまで、結局一度も笑顔を見せなかった真熊 ―――




キサマの体調は万全だろうに、なぜ笑顔レス・・・・



人気ブログランキング

真熊の顔が物語るように、最近過去一番くらいの低迷中。



【今日の一言】

大型連休前の飛び石連休も嬉しいけど、X'masはいらない・・・・
 

| ドッグカフェ | 07:19 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |