FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

他力本願写真館③| 三部作の最終章

12月最初の花金ですぜ、こんにちわ。

あれだけ高かったキャベツの価格が急激に下落してきましたね。 お米よりもキャベツを食べる男としては、実に嬉しい傾向です。 キャベツ用のシュレッダーが欲しい局長です。



――― さて、本日もフィナーレ目前の 『駒沢公園で会いましょう』 レポートの続編を。


20151204_写真館1

送っていただいた写真が想定外に多かったため、まさかの三部作となってしまった当企画
自転車操業でブログを運営している俺にとっては、恵みの雨にも似た賜物だった。



それでは、三部作の最終章をいってみよう。


20151202_写真館バナー


伝説のパピヨン 『その後のサザビー』 の筆者 “羊Y” さんが、4時間半も掛けて時系列的に撮りつづけた写真を、なんの苦労もなく “まんま” 使わせていただこうという、文字どおり他力本願なレポートを。



20151204_写真館2

ほんの一時間前に白いポメラニアンと取っ組み合いになったばかりの暴君 “ルーニー” だったが、今度は黒いポメラニアンと一触即発の事態となっていた。



20151204_写真館3

「それ以上近づいたら噛む!」
きっとそう言われているのだろう。

どこへ行ってもケンカ三昧なのだろうか、ルーニー。



20151204_写真館4

これは、“ウレ” かな?
笑顔でエリア内を探索する黒いポメラニアン。



20151204_写真館5

” も楽しそうにエリア内を徘徊。



20151204_写真館6

あちこちで相手をキレさせる天性の才能をもつルーニーは、モメごとをいちいち気にするそぶりもなく、すぐに笑顔になってエリア内の探索を再開する。

天然なのだろうか。



20151204_写真館7

すると、この白いプードルらしき犬とは、不思議とケンカにならない。

相手が寛容なのか。
それとも、本人たち同士にしか分からない相性が合う何かがあるのだろうか。



20151204_写真館8

同じ頃、別の場所では “シンバ” がジャックラッセルテリアとモメていた。

あちこちで小競り合い。
でも、その姿がなんとなくおもしろい。



20151204_写真館9

真熊は、“トトロの後ろ姿” のような背中を見せていた。
哀愁すら漂う背中。

ちょっとした山に見えてしまうシルエットだ。



20151204_写真館10

いかついビジュアルとは裏腹に、ドッグランが苦手という “ラピュタ” は、フェンスの外から少し切なそうな表情を浮かべながら、中の様子を眺めていた。

つまらないのかな?



20151204_写真館11

・・・・・なんて思っていたら、笑ったりもしていた。

中には入れないけど、外から様子を見ているだけでも、実は本人なりには楽しめているのかもしれない。



20151204_写真館12

目がうるうるしている真熊。

時刻も15時を回っており、すでにドッグランで遊び始めてから3時間が経過。
さすがに少しパフォーマンスが落ちてきたようだ。



20151204_写真館13

毎回言っている気がするが、カメラ目線でない真熊を見るのが、実に不思議な感じだ。

日常生活でも常に目を合わせているせいか、こういうふとした表情って俺はあまり見ていないのかもしれない。



20151204_写真館14

サザビーは、生涯初のドッグランをひとしきり楽しんだところで、再びカートの中で休憩。
ぼんやりと空を見つめているけど、ドッグランは楽しめたのかな?



20151204_写真館15

ようやく落ち着いてきたルーニー。

確かに真熊も一歳になるまでは、かなりのやんちゃ坊主だった。
今は何にでも興味や好奇心が抑えられないのだろう。



20151204_写真館16

この子は誰かな?

ちゃんとカメラ目線をくれている。
耳が真上を向いていて、可愛らしい子だ。



20151204_写真館17

今回、羊Y兄さんから送ってもらった写真の中で、もっとも味わい深い表情を見せてくれたのが、この写真だ。

飼い主さんの表情を伺っているのか、なんとも言えない小難しい顔が可愛い。



20151204_写真館18

15:40、サザビーは眠りの世界へと落ちていった。

やっぱり疲れてしまったようだ。
いくつになっても、初めての体験は楽しい反面、疲れてしまうものだ。



20151204_写真館19

最後に、真熊を3連発。

いつもは一方的にニオイを嗅がれるだけの真熊だが、たまには自分からもテイスティングを行うのだ。



20151204_写真館20

アドバルーンのような真ん丸の体でエリア内を闊歩する。

といっても、中身はチワワ並みなのだが。
完全に、毛だけで成り立っている風貌なのだ。



20151204_写真館21

今回、紹介した写真以外にも、実はもっとたくさんの “味のある写真” があったのだ。

しかし、それを俺のブログで全部紹介してしまっては、羊Y兄さんに申し訳ないので、本当に抜粋させてもらった。

ついては、他の写真は 『その後のサザビー』 の更新を待つことにしましょう!





当企画のレポートが、まさかの三日間も延びるなんてラッキーだった ―――




写真が枯渇しかけたときは、どうしようかと焦った。



人気ブログランキング

持つべきものは、ブログ仲間と一眼レフ。



【今日の一言】

ハンカチ王子も、いつの間にか27歳だったんですね。 そろそろ化けてほしい・・・・
 

| 会いましょう企画 | 02:59 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |