FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

相変わらずの親子

こんにちわっす。

12月です。 つい先日「今年も一年早かった」的なことを綴ったかと思ったら、そこからもう一年。 歳月の流れが速すぎて、自分の年齢を把握できなくなっている局長(42)です。



――― さて、昨日のつづきで “千葉の両親宅” 電撃訪問レポート。


20151201_志熊と真熊1

ちょっとしたヤボ用があったために千葉県は君津市まで遠征していた俺と真熊

用事が終わった頃には20時になっていたが、せっかく房総半島のど真ん中まで来たことだしと、“親父” に連絡して、小一時間ほどかけて出向いたのであった。



20151201_志熊と真熊2

志熊” のウレション大放出がなかなか収まらなかったが、20分ほどしてようやく沈静化。

その間、親父は晩酌の最中だったというのに、急きょ消臭剤とティッシュを片手に志熊の後を追う羽目になっていた。



20151201_志熊と真熊3

やはりこんな片田舎で、普段は親父以外の誰とも会わずに生活しているため、こうしてゲストが現れるとテンションが瞬間湯沸かし器の如く沸点に達してしまうのだろう。



20151201_志熊と真熊4

まぁ、たまにはこうやって親父以外の人間や犬と触れ合ってハイテンションになるのも、世間知らずにならないためにはいいことだ。



20151201_志熊と真熊5

しかし、落ち着いてからも、なんとか真熊と遊ぼうと必死に試みるも、「鉄のカーテン」ばりの「こっち来るな」オーラを全面に出す真熊からあえなく遮断される志熊。



20151201_志熊と真熊6

この日は用事があったためにお留守番させざるを得なかったのだが、やはり寿喜を連れてきてあげられれば良かった。

あの「やたら犬に好かれる猫」を。



20151201_志熊と真熊7

その後、真熊と志熊の父子も完全に落ち着いたところで、親父は晩酌のつづきに。



20151201_志熊と真熊8

俺も、買っていった500mlのビールを6缶ほど飲んで、少し飲み足りなかったので親父の冷蔵庫からも一本拝借して、結局は深夜の3時まで飲んだところで床に就いた。



20151201_志熊と真熊9

翌朝、例の “お隣さんの娘っ子” がかなり早い時間から呼び鈴を鳴らしてきたらしい。

「しぐちゃんは?」
という声が、なんとなく夢の中で聞こえていた。



20151201_志熊と真熊10

三連休だからと母親と帰省してきていたらしが、まさかの真熊もいたことで喜びも倍増していたらしい。

図らずも、またキッズの「犬好き化」に一役買うことになった真熊。



20151201_志熊と真熊11

一方の俺は、連日の疲れもあったせいか、お昼近くまで熟睡していた。

やはりこの日も、終始抱っこされていたらしい真熊。
動物に優しい子供を育成するために、頑張れ!





いきなり押し掛けて深夜まで飲んでお昼まで寝るという迷惑な俺 ―――




逆に、いきなり朝から子供の相手をすることになった真熊。



人気ブログランキング

志熊は簡単には抱っこさせないらしい。



【今日の一言】

寝違えて痛めた背中がまだ痛い。 かなりの重症なのだろうか・・・・
 

| 真熊の子供 | 02:29 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |