FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

おあずけの不安

花金です、こんにちわ。

ソフトバンクが強すぎますね・・・・ CS第一ステージで巨人を封じ込めたヤクルトが、あそこまで完璧に押さえつけられてしまうなんて。 全盛期の西武のようです。 局長です。



――― さて、先日の日曜日、すなわち10月25日のお話のつづき。


20151030_お肉1

日中ちょっと所用があったため、帰宅後の18時過ぎに真熊を連れて行き付けのドッグカフェ 『Smiley Smile』(スマイリースマイル)に駆け込んだ俺。

オーダーストップの直前に滑り込んでしまったので、大急ぎで料理を注文していた。



20151030_お肉2

じっと待つこと十数分。
何やら厨房からいい匂いが漂ってきた。

アザラシのように見えても、中身はれっきとした犬。
ちゃんとその匂いに機敏な反応を見せる真熊。



20151030_お肉3

すると、まずは俺がオーダーした「からあげ定食」が。
本来は「からあげ丼」なのだが、常連の強みを利かせて定食にしてもらった。



20151030_お肉4

「ここへ来ればお肉が食べられる」という勝手な方程式が、いつの間にやらインプットされてしまっている真熊は、にわかに騒ぎ始める。



20151030_お肉5

店長” に激しく詰め寄る。

しかし、店長も真熊の毎回見せるこの姿には完全に馴れてしまっているらしく、至ってマイペースで箸やら紙ナプキンなどをテーブルに並べていた。



20151030_お肉6

過去、ドッグカフェだと思って真熊と訪ねてみたものの、「犬と同伴できるだけで、犬用のメニューは用意していない」というお店が何軒かあった。

その場合、完全に「おあずけ」を食らうこととなっていたのだが、真熊にはそれが激しいトラウマになっているらしい。



20151030_お肉7

このお店でだけは、「おあずけ」させられたくないのだろう。

お肉が出てくるまでは、「信じて待つ」気持ちにもなれないようだ。
クレーマーの如く催促を繰り返す真熊。



20151030_お肉8

俺の定食が出てきてから、ものの2分も経たないうちに、真熊のお肉もやって来た。

ただでさえ急上昇していたテンションが一気に沸点に。
カメラのピントも少しズレてしまうほどだ。



20151030_お肉9

他にお客さんがいないということは、すなわち「食べさせてあげる」サービスが自動的に付いてくることになる。

完全にそれも見越している真熊。



20151030_お肉10

こうして、昼間は留守番をしながらもお出掛けできることを信じて必死に待ちつづけ、このお店に来てからは自分もお肉が食べられることを信じて待ちつづけた真熊に、ようやく至福の時間がやって来たのだった。





一週間の締めは、冷えたビールと美味しい料理と、バナーの2つクリックで ―――




なんやかんや今週はずっと寝不足つづきだった・・・・



人気ブログランキング

ビールを飲む前に2クリックしておきましょう。



【今日の一言】

今日は仕事で幕張に。 千葉ロッテの拠点ですな。 帰りはどこで飲もうか・・・・
 

20151024_会いましょう企画予告バナー

| ドッグカフェ | 08:40 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |