FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

さよなら代々木公園

こんにちわ。

昼夜の寒暖の差が激しいですね。 体調不良への片道切符ですね。 局長です。
俺の就寝時は3匹の猫で暖を取っているので、多分大丈夫です。 毛だらけになるけど。



――― さて、長らくつづいた「代々木公園」ドッグランの視察レポートもようやく最終章。


20151027_さよなら代々木公園1

あまりのフィールドの広さに加え、人と犬の多さも相まって、まったく飽きがこなかった10月18日(日)の2時間弱。

俺以上に真熊はさらに全力で楽しんでいた。



20151027_さよなら代々木公園2

俺とマンツーマンのときに見せる仏頂面はどこへやら。
一時(いっとき)たりとも笑顔を絶やさない。



20151027_さよなら代々木公園3

しかし、あまりにも多くの犬に尻のニオイを嗅がれたり、ストーカーの如く付きまとわれたりすることに、少しイラつき始めたりしていた。



20151027_さよなら代々木公園5

今までいろいろな公園へ探訪の旅へと出掛けてきたものだが、まさかドッグランが真熊のこんなに楽しそうな顔を引き出すなんて。

こんなことなら、もっとドッグランを中心にお出掛けしていれば良かったぜ・・・・



20151027_さよなら代々木公園6

その後も、真熊の行くところ、犬たちが連結して歩く。

真熊ニオイ・トレイン” はエンドレスでつづく。
しかも、犬種は違えど「全員黒い犬」なんて奇跡のスリーショットすら成立していた。



20151027_さよなら代々木公園7

真熊がふいに走り出せば、連結している車両部分にあたる犬たちも一緒に走り出す。

本当に不思議な現象だ。
そして、滑稽だ。



20151027_さよなら代々木公園8

あちこちに人がいるので、遊び相手に困らない真熊。

ミニチュアシュナウザー以外の犬とはまったく遊ぼうとしないものの、人には全力で構ってもらおうとする。



20151027_さよなら代々木公園9

遊んでくれそうな人を入念に物色する。

「真熊スコープ」とばかりに、いつもの2倍くらいの大きさになる目。
俺は普段、閉じているのか開いているのか分からないようなサイズの目しか見ていない。



20151027_さよなら代々木公園10

ターゲットをロックオンしたらしい。
スタコラサッサと一目散に走っていってしまった。



20151027_さよなら代々木公園11

こうして、全力で楽しむ真熊の様子を海より深い優しさで見守っていると、気が付けば辺りも暗くなり始め、時刻も17時に。

代々木公園は17時が閉園時間らしく、「早く帰れ」的な放送が流れ始める。



20151027_さよなら代々木公園12

「会いましょう企画」の会場にするかはまだ未定だが、こんなに楽しんでくれるのなら、今後ももっと頻繁に通おうと改めて思った。

しかし、とても大きな公園だというのに、入口からドッグランの間しか行き来しなかった・・・・





心の底から代々木公園のドッグランを楽しんでいた真熊に愛の2クリックを ―――




駐車場さえ待たずに入れれば最高の環境なのに・・・・



人気ブログランキング

マウスのボタンがめり込むくらい強めのクリックをお願い。



【今日の一言】

自分より年下のプロ野球の監督が誕生する時代に・・・・ ちょっとショックですな。
 

20151024_会いましょう企画予告バナー

| 公園探訪 | 02:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |