FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ドッグランで笑顔全開

花金です、こんにちわ。

今日から3週連続で 『るろうに剣心』 の劇場版がテレビ放送されますね。 局長です。
そんなことより昨日のドラフト、どこも競合を避けた感がありますね。 オコエとか。



――― さて、一昨日からのつづき。 「代々木公園」ドッグラン視察レポート。


20151022_代々木公園1

相変わらず、行くとこ行くとこ尻のニオイを嗅がれまくる真熊。

電車の連結のように、常によその犬を牽引している。
『機関車トーマス』 でも、ここまで牽引できないだろうというレベルだ。



20151022_代々木公園10

それでも、とくに嫌がらない真熊。
むしろ会心の笑みを浮かべながら、夢中で動き回っている。



20151022_代々木公園2

しかし、広い。
小型犬には、十分すぎる面積だ。

真熊が実物以上に小さく見えてしまう。



20151022_代々木公園3

その真熊は、相変わらず犬にはあまり構わずに、人のみを目掛けて動き回る。

自分の愛犬と抱擁している人のもとへすら、お構いなしに割り込んでいく。
さすがに相手も困惑気味だ。



20151022_代々木公園4

ひとしきり遊んでもらったり、なでてもらったりしたら、次の “物件” へと鞍替えする。
その繰り返しだ。

実に節操がなさ過ぎる。



20151022_代々木公園5

辺りを見回し、遊んでくれそうな人を物色。
ターゲットを絞り込んだら、ロックオンしてまっしぐら。

ちなみに、真熊のターゲティングの基準は俺にも把握できていない。



20151022_代々木公園6

愛犬と飼い主の微笑ましいコミュニケーションが行われているシーンに、なんの躊躇もなく割り込んでいく黒い毛むくじゃら。

よその鳥に育ててもらう “カッコウ” のDNAでも混入しているのだろうか。



20151022_代々木公園7

本人は、何一つ悪気はないらしい。
俗に言う、“空気の読めないヤツ” なのだろうか。



「キサマ、ドッグランは楽しいか?」


20151022_代々木公園8

週末のお出掛け先は、これまで広い公園かドッグカフェを中心に探していたが、実は大きなドッグランが一番喜んでくれるらしい。

よその人に、なんの気兼ねもなく遊んでもらいに飛び込んでいけるからなのだろう。



20151022_代々木公園9

8年も経って、今さら知った真熊のドッグラン好き具合。
犬との交流はほとんどしないけど。





花金で気分は浮かれてしまっても、忘れてはならないのが2クリックだ ―――




ドッグランでこんなに楽しそうな顔を見せるなんて。



人気ブログランキング

今週一週間の仕事を、この2クリックで締めてください。



【今日の一言】

やっぱり大阪の日帰り弾丸ツアーは疲れもハンパないんですよねぇ。
 

| 公園探訪 | 07:38 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |