FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

真熊のさまざまな表情

こんにちわ。

ペナントレースはダメダメだったのに、なぜCSになった途端に調子がいいのか、巨人。
後の祭りだってのに。 とはいえ、勝ってくれることは嬉しいですよね。 局長です。



――― さて、一昨日からのつづき。 三連休の中日、10月11日(日)のお話。


20151015_サザオフ1

書籍化までされた伝説のパピヨン 『その後のサザビー』 のオフ会が、飼い主の “羊Y” さんでなく、その仲間たちによる「スピンオフ会」として代理開催された。



20151015_サザオフ2

諸事情により、終了予定時刻の15時を小一時間も過ぎた16時に到着した俺と真熊。

それでも真熊は、残っていてくれた参加者やスタッフさんたちにたくさん遊んでもらう。
目もきっちり開いている。



20151015_サザオフ3

喉が渇けば、すぐに目の前に水が出てくるし ――



20151015_サザオフ4

代わるがわるいろいろな人に抱っこしてもらえるし ―――



20151015_サザオフ5

渋滞に巻き込まれながらも、辛抱しながらやって来て良かったと思っただろう、真熊。

運転していたのは俺だけど。
しかも、真熊は寝ていただけだけど。



20151015_サザオフ6

その後、今年も恒例の、サザビーとのツーショット撮影を試みるが、西のピラニア犬 “マリィ” もセッティングされてしまい、図らずも凶暴なメスのパピヨン2匹を相手にすることとなってしまった真熊。



20151015_サザオフ7

いつ噛みつかれるか分からない、非常にスリリングな状況にも関わらず、真ん中でプロフェッショナルの笑顔を見せる真熊。



20151015_サザオフ8

“パピヨン・サンドウィッチ”。

しかし、こうして見てみると、白を基調とした耳の大きなパピヨンに挟まれる黒毛玉という絵は、異物感がハンパない。



20151015_サザオフ9

ちなみに、写真は今回もサザビーファミリーの “Kayo” さんが撮ってくれた。

Kayoさんの撮る真熊は、不思議と俺の撮るカメラ目線の真熊の表情とどことなく違う。
普段、家で見ているままの真熊の表情がよく出ている気がする。



20151015_サザオフ10

ピラニアもサザビーもちゃんと笑顔を見せてくれて、今年も素敵な写真を撮ることができた。
(俺が撮ったわけじゃないけど)





ほとんどがKayoさんの写真で構成された実に他力本願な記事だけど ―――




サザビーの調子が良ければ、そんな余裕の笑顔はないよな・・・



人気ブログランキング

マウスのボタンがめり込むくらい強めのクリックを!



【今日の一言】

昨日は早朝からの早出だったりして、今週はずっと寝不足のままだ・・・
 

| オフ会 | 07:37 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |