FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

真熊とよその犬たち

週の真ん中、こんにちわ。

ラグビー日本代表が帰国しましたね。 今後はCMで引っ張りだこでしょう。
早くも「五郎丸ロス」とかが懸念されてるらしいですよ、テレビ業界では。 局長です。



――― さて、昨日のつづき。 三連休の中日、10月11日(日)のお話。


20151014_スピンオフ1

書籍化までされた伝説のパピヨン 『その後のサザビー』 のオフ会に、終わり時間(15時)を過ぎてから滑り込んだのだった。



20151014_スピンオフ2

今回は、サザビーの体調が万全でなく、会場入りできるかも微妙だったため、飼い主の “羊Y” さんでなくその仲間たちが「スピンオフ会」と銘打って、代理開催をしてくれていた。



20151014_スピンオフ3

真熊はさっそく、“れぃ” さんに辺りを散歩してもらう。

サザビーのオフ会には、毎年必ずクローンのようにそっくりなマザー(母親)と共に、遠く蝦夷の地から飛行機で参加する道産子女史だ。



20151014_スピンオフ4

ちなみに娘のれぃさんは、昨年の11月にピンで東京へとやって来た際にいきなり俺と真熊を呼び出してきたことがあった。

毎回遊んでもらう真熊にとっても、きっと顔馴染みの存在だろう。



20151014_スピンオフ5

そこでお礼代わりに、れぃさんが油断丸出しでトークしているところをローアングルから隠し撮りして、その画像を見せてあげると、ことのほか激怒された。

“道産子パンチ” のような殴打を幾度となく食らった。
蝦夷の女性は、下から写真を撮られるのが気に入らないらしい。



20151014_スピンオフ6

すると、“西のピラニア犬”、“兵庫のカミツキガメ”、“その犬、凶暴につき” など数々の異名を取る獰猛なメス犬、パピヨンとピラニアのハーフ “マリィ” を発見。

そう、阪神タイガースに人生を捧げる “マ人” さんの溺愛する愛犬だ。
しかし、カメラを向けるも何やらソワソワと落ち着かない。



20151014_スピンオフ7

普段はあんなに獰猛なのに、実はマ人さんの姿が見えなくなると不安で仕方ないらしい。

キョロキョロと辺りを見渡し、必死にマ人さんを探していた。
ちょっとは女の子らしい一面もあるらしく、意外すぎて面白かった。



20151014_スピンオフ8

こちらもサザビーのオフ会ではお馴染みの “ペッツ” 。

トイプードルとスタンダードプードルの中間くらいの大きさのわりには、いつもオドオドしているのだが、その困ったような表情がこれまた愛嬌がある子だ。



20151014_スピンオフ9

そして、ちょっとした驚きも。

サザビーファミリーで、シェパードを育てている “タカコ” さんが、まさかの小型犬、しかも黒いポメラニアンを新たな家族に向かえ入れていた。



20151014_スピンオフ10

まだ8ヶ月だったかな。
つまり、現在 “猿期” ど真ん中。

もう数ヶ月もすれば、被毛も増えてくることでしょう。



20151014_スピンオフ11

この日が初対面となる真熊は、自分とズバリ同じカテゴリーに属する子だというのに、上手く受け止められずにいた。

志熊” の存在とダブって見えたりしたのだろうか・・・・





10匹集まれば10通りの個性がある、それがオフ会。 納得したらクリックね ―――




もっと早く着ければ、もっと多くの犬と会えたのに・・・・



人気ブログランキング

真熊の走りに、爪が割れるくらい強めのクリックを!



【今日の一言】

なでしこジャパンのように、これでラグビー人気に火が点けばいいんだが・・・・
 

| オフ会 | 01:35 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |