FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ただのお台場散歩

花金に、こんにちわ。

今日はジョン・レノンの誕生日ですね。 生きていたら75歳ですよ。 局長です。
それでは、過去の俺の名作 『一人ビートルズ』 をご覧ください。 >>> ここをクリック



――― さて、昨日のつづき。 9月27日(日)のお話。


20151009_お台場1

お台場で開催されていた「いぬのきもちオータムフェスタ」というイベントに真熊を連れて行ってみたものの、どうにも楽しみ方が分からず、しかも誰にも会わず・・・・・



20151009_お台場4

途方に暮れていた俺は、失意の中でビーナスフォートを後にしていた。

気が付くと、りんかい線の東京テレポート駅につづく石畳をフラフラと歩いていたが、何やらいい香りが漂っている。



20151009_お台場2

なんと 『肉フェス TOKYO 2015』 なる熱い食のイベントが執り行われているではないか。
しかも、かなりの大規模で。

よし、ここで心とお腹を満たそう!と決め込み、いざ金券売り場に行ってみると、大きな文字で書かれた注記が。



20151009_お台場6

「いかなるエリアもペット同伴でのご入場はお断りしております。会場でペットの預かりも行っておりませんのでご注意下さい」

これでもかというほど頑ななペット禁止文言。
淡い希望が一瞬で打ち砕かれた瞬間だった。



20151009_お台場3

しかも、アイドルユニットによるライブなんかも行われており、ヲタたちが野太い声援を送りながら踊っている。

とにもかくにも盛り上がっているというのに、俺と真熊は蚊帳の外。



20151009_お台場5

切ない。
切なすぎるぜ、この日のお台場。

傷心の俺たちは、当てもなくお台場の街を歩きつづける。



20151009_お台場7

途中、芝生が目に入ると、せめて真熊だけでも楽しませてやろうとカットイン。
予想どおり芝生を歩いただけでテンションが上がる真熊。



20151009_お台場8

いいぞ、実に安上がりなポメラニアンだ。
少し陽が落ち始めた空の色が、余計に俺の気持ちをブルーにする。



20151009_お台場9

真熊は黒いトトロのようなシルエットで、芝生の感触を楽しんでいるようだ。

歳を追うごとに毛量が増えているような気がするモフモフ具合で、トトロじゃなかったら黒い羊というところか。



20151009_お台場10

こうなったら、お台場をしっかり歩き尽くして、「真熊の散歩にお台場までやって来た」ということにしてから家に帰ろうと思った。



20151009_お台場11

そのためには、お台場海浜公園のビーチまで行ってやろうと心に決め、ひたすら歩いた。

等身大ガンダムも通り越し、フリーマーケットが催されているエリアもスルーし、諸外国との交流イベント的な会場にも脇目も振らずに歩きつづけた俺の前に、あの像が。



20151009_お台場12

自由の女神。
お台場の象徴でもある。

真熊は、途中で疲れた仕草を見せてきたのでバッグイン。



20151009_お台場13

そういえば、この日は日曜日だというのに、なんとなく閑散としていたお台場。

いぬのきもち企画やら肉フェスやら、イベントが重なっていたパレットタウンに人が集中していたのだろうか。



20151009_お台場14

しかし、“秋の日は釣瓶落とし” というか、まだ時間的には少し早いが、秋になって急激に陽が短くなったものだ。

16:30だというのに、もう真熊が夕日に包まれている。



20151009_お台場15

小一時間も車に揺られてここまで来たというのに、ほとんど人とも犬とも接することができず、仕舞いには眠気をもよおしてしまった真熊。

なんか残念な一日になってしまったな。



20151009_お台場16

こうして、ちょっと不完全燃焼に終わってしまった9月最後の日曜日。

次は、もう少し活気のあるイベントに顔を出してみよう。
何か情報あったら教えてください。





次はもっと楽しいイベントに行きたいなと心の底から思った俺と真熊 ―――




お台場まで散歩に行っただけになっちまった・・・



人気ブログランキング

一週間の締めを真熊への2クリックでお願いします。



【今日の一言】

一度でいいからポール・マッカートニーに「イマジン」を唄ってほしい・・・・
  

| 真熊お出掛け | 01:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |