FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ

≫ EDIT

体育会系ダッシュ

日曜日の夕方に、こんにちわ。

いやはやお待たせしました。 美容院から帰宅してからお昼寝してしまった局長です。
多分、15歳は若返りました、髪を切って。 27歳にしか見えないはずです、きっと。



――― さて、一拍空いてしまったが8月23日(日)のお話のつづきを。


20150830_芝生ダッシュ1

彫刻が立ち並ぶ芸術寄りかと思いきや、いきなり神社が現れたりするコンセプトが謎すぎる公園にやって来た俺と真熊。

あれこれ翻弄されながらも、ようやく目的地の芝生エリアに到着したのだった。



20150830_芝生ダッシュ2

とても広いわりに、ガラガラ。

お祭りが開催されているから、てっきり多くの人で混み合っているかと思いきや、これまた想定外の結果に。



20150830_芝生ダッシュ3

でも、真熊は大喜びで走り回る。

アップダウンの起伏が激しい造りになっていて、真熊にとっては走り甲斐があるらしい。
「体育会系ポメラニアン」の本性を如何なく発揮していた。



20150830_芝生ダッシュ4

頼もしい限りだ。
ただの平地よりも、上り坂があったほうがテンションが上がるなんて。

俺の体育会系としてのスパルタ教育が間違ってなかったことが証明された瞬間だった。



20150830_芝生ダッシュ5

ちょっと笑い方が気持ち悪いが、俺も同じくらいテンションが上がっていた。

いいぞ、体育会系。
万歳、日本男児。



20150830_芝生ダッシュ6

世の中の消防士は、脳ミソまで筋肉でできていると言われるが、恐らく真熊もそれに近い構造になっているのかもしれない。

もしくは、“ランナーズ・ハイ” のような状態なのか。



20150830_芝生ダッシュ7

これだけアドレナリンを分泌しながらも、同時に眠気も併発できるなんて、世間広し、ポメラニアン多しといえども、真熊くらいなものだろう。

言動と体の反応が反比例しているなんて。



20150830_芝生ダッシュ8

その後も減量中のボクサーの如くしばし走り込んだ真熊だったが、さすがに少し疲れたらしい。

なんのかんの言っても、もう8歳。
人間に換算すると48歳というから、イヤなもんだ。



20150830_芝生ダッシュ9

すると、向こう側でも「ボールを取ってこい」系のダッシュをやっている犬と人の姿が。

ここは穴場なのだろうか。
走り回りたい犬には、かなりいい環境な気がする。



20150830_芝生ダッシュ10

【注】 犬もいる。

体は正直なのか、笑顔とは裏腹にシッポが下がっている。
さすがに走り込み過ぎて、シッポを上げるまでは体力が回復していないらしい。





アクセスや応援が激減する週末だけど、変わらず応援お願いします! ―――




全国的に小雨が降っているし、インターネットで楽しみましょう。





走ることに喜びを感じるサラブレッドみたいでしょ?



【今日の一言】

世界陸上、ボルトが凄すぎますね。 プロ野球の話はもうしません・・・・
 

| 公園探訪 | 15:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT ≫次へ