FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

衝撃の重量級

皆さま、こんにちわ。

今日の首都圏は午後から雨という予報ですが、まったく信じられないような快晴です。
とりあえず、これからお花見に行ってこようかと思います。 局長です。



――― さて、昨日の夕方のお話。


20150329_病院へ1

真熊を愛車の助手席に放り込んで、ある場所へと向かった俺。

帰りには灯油を買うことを忘れてはいけない。
万が一忘れてしまったら、暖房のない寒い夜を過ごすことになるのだ。



20150329_病院へ2

そんなことはさて置き、着いた場所はここ。
真熊は、ここがどこだか即座に理解したらしい。



20150329_病院へ3

そう、掛かり付けの動物病院。
実は、真熊にとっては、まったく嬉しくないお出掛けとなっていたのだ。

ちなみに、病院へやって来た理由は他でもない。



20150329_病院へ4

この15分前。
真熊のオシッコを採取していた俺。

そう、「尿路結石予備軍」 の診断を受けて以来、再検査のための通院なのだ。



20150329_病院へ5

前回は、長時間にわたり尿道にカテーテルを突っ込んで、たまったオシッコを出したり、辛かった覚えしかないだろう。

そのせいか、表情が固い。



20150329_病院へ6

ましてや、あれ以来順調にオシッコが出ているので、何ゆえ連れて来られたのかすら理解できていないだろう。

耳もなくなってしまっている。



20150329_病院へ7

しかし、この日は再検査の結果以前に、大きな衝撃が・・・・

処方フードに替えてからというもの、明らかに真熊の体重が増えたとは感じていたのだが、なんと700gも増えていた。



20150329_病院へ8

これまでは、市販のドッグフードにドライ野菜を混ぜて与えていたのが、先日の通院以来、処方されたフードのみという規制が掛かっていたため、明らかに摂取カロリーが上がっていた。

しかも、指定されている真熊の体重に対する一日の摂取量がかなり多めだった。
途中から減らしていたものの、それでもこんなに増えていたとは。



20150329_病院へ9

そんなショッキングな事実はひとまず置いといて、まずは、触診。



生涯MAXの体重となりながらも緊張気味の真熊を、先生はお構いなしに触りまくる。


20150329_病院へ10

併せて聴診器による診察も。
心音に雑音もなく、ひとまず良好。



肛門から体温も計測。


20150329_病院へ11

これも良好。
その間、採取してきたオシッコは遠心分離に掛けられていた。

つづく・・・・




オシッコは順調に出ているが、検査結果は吉と出るのか凶と出るのか ―――




思わぬことから過去最高に重くなった真熊・・・・



人気ブログランキング

我が家では恐らくもっとも健康なのが寿喜。



【今日の一言】

どなたかWOWOW契約している方いませんか?
3/31(火)の20時からぶっ通しで放映される 「TMネットワーク」 のライヴを録画して、俺に送ってくれる限りなき善意の人を大募集!

御礼は・・・・・
チップ” の腰砕け写真に “ブラザーK” の直筆サインを入れてお送りします・・・・
 

| 真熊 | 09:04 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |