FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

退屈の極致

皆さま、こんにちわ。

冬が最後の悪あがきをしているのでしょうか。 朝と夜がえらく寒いですね。 局長です。
でも、週末からはかなり暖かくなって桜の開花が加速するらしいですよ。



――― さて、昨日・・・・というか、ここ数日間のつづき。


20150326_ウッディーなカフェ1

二年前に死なせてしまった稚葉の赤ちゃんの供養に行った帰り、ネットで見付けたペット同伴可能というカフェに立ち寄った俺と真熊。



20150326_ウッディーなカフェ2

ペットを同伴できるテラス席は、一般席と仕切られているものの室内であるため、雨風にさらされることもなく快適な環境でくつろげるのが魅力的だった。

店内のインテリアもシャレオツだ。



20150326_ウッディーなカフェ3

しかし、真熊は例によってここでも処方フードしか食べられないため、ちょっとスネてしまっていた。

といっても、そもそもドッグカフェではないので、犬用メニューはないのだが。



20150326_ウッディーなカフェ4

そんな真熊を尻目に、俺は例によって店主との “珈琲を通じた会話” などを楽しんだりしていた。

ちなみに、この日の珈琲からのメッセージは 「今日のラッキードリンクはこのホロ苦い珈琲だよ!」 だった。



20150326_ウッディーなカフェ5

テラス席が屋外ではないだけでなく、各テーブル前に設置されたガスストーブも点けてくれたことで、実に暖かだった空間。



20150326_ウッディーなカフェ6

真熊も、退屈さに加えてこの暖かさから、まったりしていた。
眠気を誘うシチュエーションだったことだろう。



20150326_ウッディーなカフェ7

美味しいものは食べられなくても、たまにはこうして、俺に付き合ってのんびり過ごすのだっていいだろうに。

明らかに不満げな顔を見せる真熊。



20150326_ウッディーなカフェ7-2

美味しいものも食べられず、俺以外のヒトとも遊べず、完全に退屈しまくっている様子だ。
遊ぶばかりではなく、物思いにふけることも、ときにはいいものなんだが。



20150326_ウッディーなカフェ8

必死に退屈さを目で訴えてくる真熊だが、俺は完全無視を決め込み、ひたすら書きものに精を出す。

といっても、別にポエムを書いたりしていたわけではない。



20150326_ウッディーなカフェ9

真熊にも、週末にふらりとカフェで珈琲を飲みながら読書したり、書きものをしたりという “大人の嗜み” を勉強させる必要を感じた。

そろそろ8歳になるのだし。



20150326_ウッディーなカフェ10

そんな感じで、一人で考え事をしたいときなんかは、また来ようと思うお店であった。
(といっても真熊も連れて来るが)



20150326_ウッディーなカフェ11

しかし、お出掛けしたがっていたから連れ出してやったというのに、なんなんだ、この不満全開な表情は・・・・




充実感に満ち溢れていた俺と違って、心の底から退屈していたらしい真熊 ―――




まだまだ精神が子供だってことかな・・・・・



人気ブログランキング

千寿をお店に連れて行ったことはなかったな、さすがに。



【今日の一言】

昨夜は電車移動だったため、帰りに駅前の立ち飲み屋に寄ってしまい・・・・
 

| ドッグカフェ | 07:23 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |