FC2ブログ

熊猫犬日記

婚約相手に逃げられた男とその扶養家族:アライグマ・猫・犬(黒ポメラニアン)たちの奮闘記!

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

真熊の単身お泊まりツアー 2015冬②

皆さま、こんにちわ。

昨日は春というか初夏の陽気でしたね。 完全に冬は終わったのでしょうか。 局長です。
夏につづき、冬も唐突に終わった感じがします。 ちょっと拍子抜けっす。



――― さて、昨日から始まった 「真熊の単身お泊まりツアー」 レポートのつづきを。


20150318_チップ家1

では、さっそくだが今回のお泊まり先である “チップ家” のママさんによる手抜き気味のレポートを原文ママでお伝えしよう。

お散歩帰ってきてからお手入れタイム



20150318_チップ家2

ランチに付き合ってもらいましたー(*^^*)
写真はないけどミニドッグランで遊んだよ♪


【局長解説】
ドッグカフェではない、「カートに入れていれば同伴OK」 というお店らしい。



20150318_チップ家3

こちらでも気晴らしに療法食フードを何回か食べましたー(*^^*)
朝ご飯をおやつ用に少し残しておいたのだ!



その頃、俺は ―――


20150318_うぃんたもっつ1

快晴の山頂から、いざ滑らんとしていた。

晴れてはいるものの、暑過ぎず。
だから、雪もベチャベチャにならず、柔らかくてふかふかしていた。



チップ家レポートに戻ろう ―――


20150318_チップ家4

帰りに近くの公園でお散歩♪
小雨降ってきたけどすぐにやんだから良かった。



20150318_チップ家5

真熊のオシッコ問題だが、実に順調に回復している。
出まくっている。

そろそろ、おやつ解禁になるのではないだろうか。



その頃、俺は ―――


20150318_うぃんたもっつ2

週末だというのに思いのほか空いていたゲレンデで、「ロマンスの神様」 を口ずさみながらエッジの効いたシュプールを描いていた。



20150318_うぃんたもっつ3

でも、リフトで隣に乗るのは決まって男だった・・・・



むさい写真は放っておいて、チップ家レポートに戻ろう ―――


20150318_チップ家6

家に帰ってからはまぐちゃんもチップもしばらく寝んねしてましたー


【局長解説】
真っ黒でどこがどの部位だか分からないと思うが、向かって右側に顔がある。



しつこいようだが、その頃、俺は ―――


20150318_うぃんたもっつ4

ブーツのソウルが剥がれるというアクシデントに見舞われていた。

しかも、俺の使っているのはステップイン式のブーツと金具であるため、この時点で滑走不能に。
今シーズン最後のスノボは、こんな形でまさかの強制終了となったのであった。



三度(みたび)、チップ家レポートへ ―――


20150318_チップ家7

夜ご飯はよく噛んで完食ー!
チップは早く食べ終わってまぐちゃんのご飯狙ってたからパパに抱っこされてましたー(笑)


【局長解説】
オシッコは順調だが、まだ処方フードのみの真熊。
せっかくのお泊まりなのに、いつものフードしか食べられないので、少し気の毒だ。



20150318_チップ家8

食べ終わってからもまだ眠かったみたいでしばらく寝んねしてました(*^^*)


【局長解説】
さっきの写真以上に真っ黒でよく分からないと思うが、チップのほうに向いている突起物がシッポである。



20150318_チップ家9

なぜ室内なのに洋服を着せられているのかは不明。
どうやら、この日はこのまま床に就いたらしい。



その頃、俺は ―――


20150318_うぃんたもっつ5

幼少の頃から二段ベッドで寝たことがなかったため、初めての経験に興奮していた。

25歳の若僧には下の段で寝ることを強要し、41歳の俺が上の段をゲット。
「タッチ」 で言えば、達也が使って、さらに南ちゃんとキスしたポジションだ。




カフェなど十分に楽しんだ真熊と、まさかのスノボが強制終了となった俺 ―――




スキーのセットも持ってきていたので、その後も楽しめたけど。





処方フードじゃなければ、もっと楽しめたかな?



【今日の一言】

ダルビッシュまで右肘のトミー・ジョン手術。 どうして日本人投手は軒並み・・・・
 

| 真熊のお泊り | 07:17 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |